LINE

市場ニュースアーカイブ、あなたが見逃してしまったものをご覧ください

米大手企業の1~3月期決算発表スケジュール

米大手企業の1~3月期決算発表スケジュール

米では今週から5月前半にかけて大手企業の1~3月期決算発表が増える。米は今年中に利下げ開始と言われているが景気は良好であり、企業決算もいい数字が出る企業が多いと予想される。

続きを読む
マウントゴックスの弁済に市場が警戒

マウントゴックスの弁済に市場が警戒

2014年に破綻した仮想通貨取引所のマウントゴックスは、いろいろな事情のため10年経った今になってもまだ債権者への弁済が完了していない。しかし今後は急ピッチで進められる見通しになってきており、そうなると日本円で1兆円を超えるビットコインが市場で売りに出されることを警戒している。

続きを読む
24
Apr

NYダウが4営業日連続高

23日もNY株式市場は堅調な地合が続いた。 大手IT株やテスラが上昇 先週は中東情勢の悪化懸念などを材料にして下げが続いてきたNY株式市場だが、今週になると中東情勢懸念が後退したことから地合が改善。23日は午後10時45分に米景気指標が発表され予想を下回ったものの、午後11時に発表された住宅指標は予想を上回った。住宅指標が予想を上回ったことが買い材料となり...

続きを読む
仮想通貨トラベルルールの現状

仮想通貨トラベルルールの現状

仮想通貨を送金する際に、依頼人や送金先などの情報を取引所に報告する「トラベルルール」は日本では2022年4月に実施され、23年6月に強化された。このルールのために国内の取引所間でも送金ができないなどの問題も浮上しているが、最近その問題解決への光明が見えてきた。

続きを読む
経済3団体のトップも円安懸念を表明

経済3団体のトップも円安懸念を表明

23日に経団連の十倉会長が定例記者会見で現在の円安について「ちょっと円安に過ぎる」と発言して懸念を表明した。ここ1週間で経済3団体のうち他の2団体のトップも同様に円安への懸念を表明しており、財界からも現在の円は安すぎるとかなり強いメッセージが出されている。

続きを読む
23
Apr

本日は米住宅指標発表

23日午後11時に米3月新築住宅販売件数が発表される。 数字次第で米ドルの一段高も 23日午後11時に米3月新築住宅販売件数の発表が予定されており、年率換算67万件と予想されている。米ドル/円は先週に154円をつけてからしばらく上昇が止まっているが、この数字次第で155円超えもありえる。そのような状況だが先週に高まった中東情勢の悪化懸念が週明けになると落ち...

続きを読む
新プロトコル「Runes」でビットコインがまた脚光

新プロトコル「Runes」でビットコインがまた脚光

20日に半減期を迎えたビットコインだが、半減期と同時に新しいプロトコル「Runes」が立ち上げられた。Runesは仮想通貨の世界でかなり注目されており、Runesの立ち上げに伴いビットコイン手数料が過去最高にまで高騰するなどまたビットコインが注目されている。

続きを読む
今週の金融市場の動き総括、4月15~19日

今週の金融市場の動き総括、4月15~19日

今週は日本とユーロ圏の3月CPIが発表された。またその一方で週の金融市場開始前の14日日曜に、イランがイスラエルに大規模な攻撃を実施。この攻撃で中東情勢の悪化懸念が高まり、株式市場にとっては大きな売り材料となった。

続きを読む
ビットコイン半減期通過でもレートは平穏

ビットコイン半減期通過でもレートは平穏

ビットコインが約4年に1度迎えると言われる半減期を、日本時間の20日午前9時頃に予想通り通過した。半減期は以前から予想されていたため、実際に通過してもビットコインのレートにはほぼ変動がなかった。

続きを読む
20
Apr

NYダウが2週間ぶりの3桁上昇

19日のNYダウは211ドル上昇した。 日中の地合を引きずらず 19日は午前中にイラン国内でイスラエルの無人機攻撃を迎撃したものと思われる爆発があり、中東情勢の悪化懸念が台頭。日経225平均は約3年ぶりの4桁下落で終了した。しかしイラン側の被害は軽微だったとの情報から、その後は地合が回復。NYダウは序盤からプラス圏での推移が続き、終値は211ドル高で4月5...

続きを読む
イラン爆発で一時日経が1,300円安

イラン爆発で一時日経が1,300円安

19日午前中にイラン国内でイスラエルの攻撃によると思われる爆発があった。この爆発で中東の紛争の激化懸念が大きく高まり、東京株式市場では日経225平均が一時1,300円以上も暴落するなど金融市場に大きな影響が出た。

続きを読む
19
Apr

日本の3月インフレ率は2.6%

19日朝に日本のインフレ率が発表された。 2023年度は2.8% 19日午前8時半に日本の3月CPIが発表され、生鮮食料品を除いた数字で予想通りの前年同月比+2.6%だった。また今回をもって2023年度の数字も確定し、2.8%で2022年度の3.0%より下がったが依然として高いインフレ率だった。そのような状況だが18日夜に発表された米新規失業保険申請件数は...

続きを読む
テスラ株への影響が懸念される報酬パッケージ

テスラ株への影響が懸念される報酬パッケージ

昨年以降苦戦が続くテスラは、最近になって全世界で1万4000人の人員削減を発表した。そして今週17日には、6月に開催される株主総会でイーロン・マスクCEOへの巨額報酬パッケージへの承認を株主に求めた。このパッケージは今後の株価に影響する懸念が残る。

続きを読む
1%を超えそうな日本の長期金利

1%を超えそうな日本の長期金利

日本の長期金利が4月になってまた上昇しており、今週には一時0.9%に接近した。日銀は3月に長期金利の誘導目標レンジ政策を終了しており、このまま行くと約11年ぶりの1%超えが見られるかもしれない。

続きを読む
18
Apr

NY株式市場はさえない動きが続く

17日のNY株式市場もさえない動きだった。 ダウは直近13営業日中11営業日で下落 17日は重要な米経済指標の発表はなかったものの、FRBによる利下げ予想時期の後退や中東情勢懸念などを受けてこの日もNY株式市場はさえない展開となった。ダウ工業平均は序盤に200ドル以上上昇して38,000ドルを回復したものの、その後は下げに転じて中盤以降は前日終値を挟んだ上...

続きを読む
不動産ローンのトークン化が登場

不動産ローンのトークン化が登場

米のHomiumという企業が、不動産担保ローンをトークン化する事業を開始した。しかしこのような不動産ローンを基にした派生商品は、16年前のあの悪夢を思い起こさせるものでもある。

続きを読む
17
Apr

パウエル議長が利下げ時期の後退を示唆

17日未明にFRBのパウエル議長が発言をした。 NY株式市場の反応は薄 17日午前2時頃からFRBのパウエル議長がパネル討論会で発言。その場で議長は「インフレが低下したと確信を得るにはさらに時間がかかる可能性が高い」と発言したため、FRBが利下げを開始する時期はこれまでの予想よりさらに遅くなるとの観測が台頭した。一方この日のNY株式市場ではダウが序盤からプ...

続きを読む
仮想通貨高はすでに終わりの可能性も

仮想通貨高はすでに終わりの可能性も

ビットコインETFの承認などを材料に今年が明けてから仮想通貨市場が高騰してきた。しかしビットコインは最近高値更新がなく、また14日から16日にかけて仮想通貨市場は大きく下落。今回の仮想通貨高は3月を天井にすでに終わったのかもしれない。

続きを読む
トランプ元大統領のSNS株がまたも18%暴落

トランプ元大統領のSNS株がまたも18%暴落

3月26日に正式上場してから約3週間が経ったトランプ元大統領のSNS株だが、週明け15日になって大株主が予定より早く売却する見通しとの情報が流れたため18%も暴落。すでに上場初日につけた高値の3分の1未満になった。

続きを読む
16
Apr

米利下げ見通しがさらに後退

15日夜に米利下げ見通しがまた後退した。 米ドル高、NY株安が進行 15日午後9時半に米3月小売売上高が発表され、予想の前月比0.3%増に対し発表は0.7%増と予想を上回った。この統計でFRBの利下げ開始時期見通しがさらに遅れ、発表後は円安・米ドル高が進行。NYダウは序盤は好調な小売指標を受けて上昇したが、利下げ時期見通しの後ずれのため中盤以降下落。248...

続きを読む

世界の取引チャンスを活かしましょう