強まるビットコインSVへの風当たり

強まるビットコインSVへの風当たり

著者 鳥羽賢
2019年04月17日

昨年11月にビットコインキャッシュが分裂してできた新しい仮想通貨「ビットコインSV」だが、開発元の問題行為などのため最近になって取り扱いを停止する仮想通貨取引所が増えてきているようだ。

Binanceなどが取り扱い停止

仮想通貨は時々分裂することは、すでに多くの人がご存知と思われる。世界最大の仮想通貨はビットコインだが、そのビットコインが2017年夏に分裂し、新しい仮想通貨・ビットコインキャッシュが生まれた。


そのビットコインキャッシュが昨年11月にさらに分裂して生まれたのが、ビットコインSVという新しい仮想通貨だ。しかしこの分裂はビットコインSVを開発するチームともう1つのチームがビットコインキャッシュの後継を争い、仮想通貨市場に混乱と失望が広がった。


そのため仮想通貨価格が暴落し、この時期にビットコインが70万円から40万円まで下がった。その後ビットコインキャッシュの後継にはもう1つのチームが決まり、SVの方は「ビットコインSV」の名前で新しい通貨になった。


しかしこのビットコインSVだが、最近になって評判が悪くなってきている。ビットコインSVは日本で取り扱っている業者はまだないが、海外にはある。その1つが中国にある世界最大の取引所・Binance(バイナンス)だったのだが、Binanceは今週になってビットコインSVの取り扱いを止めると発表した。Binanceはその理由として、「倫理に反する行為や詐欺的な行為」を挙げている。


それはどのような行為だったかというと、例えば1つにはビットコインSVの開発メンバーの1人が、自分を「ビットコインの開発者・ナカモトサトシである」と詐称していた行為がある。


Binanceの発表後に追随する企業が出始めている。スイスにある仮想通貨両替所のShapeshift(シェイプシフト)は、ビットコインSVのサポートを4月18日までに終了と発表。ウォレットサービスのBlockchainウォレットも、5月15日までにビットコインSVのサポートを終了と発表した。


さらにアメリカの仮想通貨取引所・Kraken(クラーケン)も取り扱い停止を発表したが、Binanceと同じ中国のOKEx(オーケーイーエックス)はビットコインSVの上場を廃止するには至らないと発表した。


これらの取引所がビットコインSVの取り扱いを止めたのには、ネット上でビットコインSVを排除しようという動きが高まっているためでもある。OKExのように廃止しない取引所もある一方、今後も取り扱いを止める取引所がいくつか出てくることも考えられるだろう。

 

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。
すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。