あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 や行 ら行
 
 
    アイザー・ウェイ
 
      相対取引
 
      青天井
 
      商い
 
      悪材料
 
      アク抜け
 
      悪目買い
 
      上げ足
 
      アゲインスト(Against)
 
      上げ相場
 
     
 
      アスク(Ask)
 
      頭打ち
 
      アノマリー
 
     
アマウント(Amount)
 
 
 
 
    委託手数料
 
      1枚
 
      一目均衡表
 
      移動平均線
 
      イフ・ダン(If Done)
 
      イフダンオーシーオー(IFD+OCO)
 
      インカム・ゲイン
 
      インターバンク市場(Inter Bank Market)
 
      インターバンクレート
 
      インデックス
 
      インフレ(インフレーション)
 
      インフレ・ヘッジ
 
     
インフレリスク
 
 
 
 
    ウォール街(Wall Street)
 
      売りオペ
 
      売り方
 
      売り玉
 
      売気配
 
     
売り材料
 
 
 
 
    エマージング市場(エマージング・マーケット)
 
      円キャリートレード
 
      円高
 
      円転
 
     
円安
 
 
 
 
    追証(追加保証金)
 
      オー・シー・オー
(OCO:One side done then Cancel the Other order)
 
      オー・ティー・シー取引(OTC:Over The Counter)
 
      大底
 
      大天井
 
      オーバーシュート(Overshoot)
 
      押し目
 
     
オシレーター系
 
 
 
 
    買い方
 
      買い玉
 
      買気配
 
      外国為替及び外国貿易法 (外為法)
 
      外国為替市場
 
      買い材料
 
      外為ディーラー
 
      介入
 
      買戻し
 
      為替差益
 
      為替差損
 
      為替変動リスク
 
      為替レート
 
      完全失業率
 
     
元本
 
 
 
 
    機関投資家
 
      基軸通貨 (Key Currency)
 
      逆指値
 
      キャリートレード
 
      協調介入 (Coordinated Intervention)
 
     
金利変動リスク
 
 
 
 
    クウォート (Quote)
 
     
クロス円
 
 
 
 
    景気動向指数
 
      経常収支 (Current Balance)
 
     
決済
 
 
 
 
    好材料
 
      ゴールデンクロス
 
      国際収支 (International Balance of Payment)
 
     
コモディティ
 
 
 
 
    材料
 
      差金決済
 
      下げ足
 
      指値注文
 
      サブプライム問題
 
     
サマータイム
 
 
 
 
    実現益
 
      実現損
 
      順張り
 
      消費者物価指数
 
      ショート
 
     
信用リスク
 
 
 
 
    ストリーミング注文
 
      スプレッド
 
     
スワップポイント
 
 
 
 
   
ゼロサム
 
 
 
 
 
    相対力指数[RSI]
 
     
損切り
 
 
 
 
    米国30[NY米国工業株30種]
 
     
建玉
 
 
 
 
    チャート
 
      チャート分析
 
      中央銀行
 
     
チョイス (Choice)
 
 
 
 
    ツー・ウェイ・プライス(Two Way Price)
 
     
通貨ペア
 
 
 
 
    ティック・チャート (Tick Chart)
 
      手仕舞い
 
     
デッドクロス
 
 
 
 
   
トレンド
 
 
 
 
 
   
成行(注文)
 
 
 
 
 
   
始値
 
 
 
 
 
    ヒストリカル・ハイ
 
      ビッド (BID)
 
     
評価益(損)
 
 
 
 
    ポジション
 
     
ボラティリティ (Volatility)
 
 
 
 
    約定
 
     
安値
 
 
 
 
   
四本値
 
 
 
 
 
    利食い
 
      リミット (Limit)
 
     
両建て
 
 
 
 
   
レバレッジ
 
 
 
 
 
    ローソク足
 
      ロスカット
 
     
ロング
 
 
 
 
 
 
アイザー・ウェイ(Either way) (あいざーうぇい)
 
 
買気配も売気配も同値という意味です。「チョイス」ともいいます。
 
 
相対取引 (あいたいとりひき)
 
 
「くりっく365」などの取引所を通さずに、FXの取扱会社と投資家が一対一(相対)で取引を行うことです。「店頭取引」「OTC取引」ともいいます。
 
 
青天井 (あおてんじょう)
 
 
為替レートなどが上昇しているときに使われる言葉。どこまで値上がりするか予想できないほど、為替レートなどの上昇が続きそうな状態を表します。
 
 
商い (あきない)
 
 
売買のこと。例えば「商いが多い」であれば、「売買が多い」という意味です。
 
 
悪材料 (あくざいりょう)
 
 
為替レートを下落させる要因のことです。
 
 
アク抜け (あくぬけ)
 
 
悪材料が出尽くし、相場が反転するときなどに、「アク抜けした」といったかたちで使われる用語です。
 
 
悪目買い (あくめがい)
 
 
為替レートのトレンドに対して逆らうようなかたちで、売買を行うことです。
 
 
上げ足 (あげあし)
 
 
為替レートが順調または堅調に上昇している状況を表します。
 
 
アゲインスト(Against) (あげいんすと)
 
 
保有しているポジションに、評価損が出ている状態を表します。反対に含み益が出ているような状態を「フェーバー」といいます。
 
 
上げ相場 (あげそうば)
 
 
為替レートが順調または堅調に上昇しているような相場をいいます。
 
 
 (あし)
 
 
主に「ローソク足」と呼ばれるチャートの中で、相場の上げ下げを描いたものです。
 
 
アスク(Ask) (あすく)
 
 
「くりっく365」でいう「売気配」のことです。
大手金融機関が個人投資家に提示するレートで、個人投資家から見れば「買い」のレートです。
 
 
頭打ち (あたまうち)
 
 
価格レートの上昇が止まること。または止まった状態。
 
 
アノマリー (あのまりー)
 
 
バブル相場のように、通常の投資理論では説明できないような相場の動きを指します。
 
 
アマウント(Amount) (あまうんと)
 
 
一般に「取引量」を指します。
 
 
委託手数料 (いたくてすうりょう)
 
 
売買が成立した際に、お客様が当社に支払う売買手数料のことです。
 
 
1枚 (いちまい)
 
 
「くりっく365」における取引数量の最小単位です。ドル/円の場合、1枚=1万ドルとなります。
 
 
一目均衡表 (いちもくきんこうひょう)
 
 
テクニカル分析手法の一つで、基準線、転換線、遅行スパン、先行スパンA、先行スパンBと「雲」によって構成されます。
 
 
移動平均線 (いどうへいきんせん)
 
 
テクニカル分析手法の一つで、通常は過去一定期間の終値を平均してグラフ化します。よく使われる期間は、日足(5日、10日、25日、30日、75日、80日、150日、160日、200日)、週足(13週、26週)、月足(60月、120月)などです。
 
 
イフ・ダン(If Done) (いふ・だん)
 
 
注文種類を表す言葉です。ある注文が約定した後、別途指定した注文が有効になる組み合わせ注文です。
 
 
イフダンオーシーオー(IFD+OCO) (いふだんおーしーおー)
 
 
注文種類を表す言葉です。ある注文が約定することを条件に、OCO注文を有効にする組み合わせ注文です。
 
 
インカム・ゲイン (いんかむ・げいん)
 
 
利子や配当による収益のことを指します。為替レートの変動による値上がり益等は、キャピタル・ゲインといいます。
 
 
インターバンク市場(Inter Bank Market)
 (いんたーばんくしじょう)
 
 
主に銀行などの金融機関同士で取引を行う外国為替市場のことをいいます。インターバンクマーケットともいいます。
 
 
インターバンクレート (いんたーばんくれーと)
 
 
インターバンク市場(インターバンクマーケット)で形成される為替レートのことです。
 
 
インデックス (いんでっくす)
 
 
あるマーケット全体の動向を表す指標のことです。代表的なものとしては、日経225平均株価や日本100などがあります。
 
 
インフレ(インフレーション) (いんふれ)
 
 
一般的に、物価が上がり続ける現象を表します。反対に物価が下がり続ける現象をデフレーションといいます。
 
 
インフレ・ヘッジ (いんふれへっじ)
 
 
インフレを回避するような投資行動を指します。
 
 
インフレリスク (いんふれりすく)
 
 
インフレの進行によって、保有資産の価値が減少してしまうリスクです。
 
 
ウォール街(Wall Street) (うぉーるがい)
 
 
ニューヨークの一角にある金融地区。アメリカだけではなく、時には世界の金融・証券業界を総称する意味でも使われます。
 
 
売りオペ (うりおぺ)
 
 
日銀の行う公開市場操作の一つです。保有する国債などを市場で売却し、通貨を回収します。市場から通貨を減少させることで、金利上昇の効果を狙います。逆の手法を買いオペといいます。
 
 
売り方 (うりかた)
 
 
売りポジションを保有する投資家のことです。
 
 
売り玉 (うりぎょく)
 
 
売りポジションのことです。
 
 
売気配 (うりけはい)
 
 
「くりっく365」において、マーケットメイカーとなる大手金融機関が提示する「売りレート」です。個人投資家から見ると「買いレート」になります。
 
 
売り材料 (うりざいりょう)
 
 
為替レートを下落に向かわせるような要因です。
 
 
エマージング市場 (エマージング・マーケット)
 (えまーじんぐしじょう)
 
 
一般に、中国、インド、東南アジア、中南米などの新興市場を指します。
 
 
円キャリートレード (えんきゃりーとれーど)
 
 
低金利の「円」を借り入れて、より高金利の通貨で運用する手法です。「円借り取引」とも言われ、代表的な円安要因です。
 
 
円高 (えんだか)
 
 
ドルやユーロなどの他通貨に比べて、円の価値が上がることです。
 
 
円転 (えんてん)
 
 
ドルやユーロなどの外貨を円に転換することです。
 
 
円安 (えんやす)
 
 
ドルやユーロなどの他通貨に比べて、円の価値が下がることです。
 
 
追証(追加証拠金) (おいしょう)
 
 
保有ポジションに損失が発生して「証拠金不足」となり、証拠金を追加しなくてはならない状態のことです。追加で差し入れる証拠金そのものを指すこともあります。
 
 
オー・シー・オー
(OCO:One side done then Cancel the Other order)
 
(おー・しー・おー)
 
 
注文種類を表す言葉です。同一売買(買いと買い、売りと売り)の指値注文とトリガ注文を同時に出し、どちらか一方が成立した場合、残りの注文が自動的に取消される組み合わせ注文です。
 
 
オー・ティー・シー取引(OTC:Over The Counter)
 (おー・てぃー・しー取引)
 
 
「くりっく365」などの取引所を通さずに、FXの取扱会社と投資家が一対一で取引を行うことです。「相対取引」「店頭取引」ともいいます。
 
 
大底 (おおぞこ)
 
 
為替レートが最も下落した(と思われる)状態を指します。
 
 
大天井 (おおてんじょう)
 
 
為替レートが最も上昇した(と思われる)状態を指します。
 
 
オーバーシュート(Overshoot) (おーばーしゅーと)
 
 
為替レートが一方向に過度に動くことをいいます。
 
 
押し目 (おしめ)
 
 
上昇トレンドが続いているときに、一時的に値を下げることをいいます。この押し目で買いを入れることを「押し目買い」といいます。
 
 
オシレーター系 (読み方)
 
 
テクニカル分析の分類の一つです。RSIやストキャスティクスなどがオシレーター系の代表的な分析手法です。このほかの分類方法としては「トレンド系」があります。
 
 
買い方 (かいかた)
 
 
買いポジションを保有する投資家のことです。
 
 
買い玉 (かいぎょく)
 
 
買いポジションのことです。
 
 
買気配 (かいけはい)
 
 
「くりっく365」において、マーケットメイカーとなる大手金融機関が提示する「買いレート」です。個人投資家から見ると「売りレート」になります。
 
 
外国為替及び外国貿易法 (外為法)
 (がいこくかわせおよびがいこくぼうえきほう (がいためほう))
 
 
外国為替・対外取引に関する基本法です。1998年に施行された新外為法により、外国為替取引は大幅に自由化されました。
 
 
外国為替市場  (がいこくかわせしじょう )
 
 
インターバンク市場や取引所FX「くりっく365」など、外国為替取引が行われる、あらゆる場の総称です。
 
 
買い材料 (かいざいりょう)
 
 
為替レートを上昇に向かわせるような要因です。
 
 
外為ディーラー (がいためでぃーらー)  
 
 
インターバンク市場などで、実際に外国為替の取引を行う人たちです。
 
 
介入 (かいにゅう)
 
 
為替レートが一方的に過度に動いたときなどに、為替相場を安定させるため、中央銀行が自ら外国為替取引を行うことです。
 
 
買戻し (かいもどし)
 
 
保有している売りポジションを反対売買で決済することです。
 
 
為替差益 (かわせさえき)
 
 
為替レートの変動によって生じた利益のことです。
 
 
為替差損 (かわせさそん)
 
 
為替レートの変動によって生じた損失のことです。
 
 
為替変動リスク (かわせへんどうりすく)
 
 
為替レートの変動によって為替差損を被るリスクのことをいいます。単に「為替リスク」ともいいます。
 
 
為替レート (かわせれーと)
 
 
外国為替市場において、ある通貨とある通貨を交換するときの比率をいいます。
 
 
完全失業率 (かんぜんしつぎょうりつ)
 
 
ある国の労働力人口に占める完全失業者の割合をいいます。
 
 
元本 (がんぽん)
 
 
投資したお金です。元本ともいいます。
 
 
機関投資家 (きかんとうしか)
 
 
生命保険会社や銀行、年金基金など、資金運用を業務とする法人投資家の総称です。
 
 
基軸通貨 (Key Currency) (きじくつうか)
 
 
国際取引で広く扱われている通貨です。現在では、主に米ドルがその役割を担っています。
 
 
逆指値 (ぎゃくさしね)
 
 
注文の種類を表す言葉です。現在の為替レートより不利な価格で入れる指値注文で、トリガ注文、ストップ注文ともいいます。
 
 
キャリートレード (きゃりーとれーど)
 
 
金利の低い通貨を調達して、金利の高い通貨で運用する手法です。低金利の「円」を調達して運用する「円キャリートレード」が有名です。
 
 
協調介入 (Coordinated Intervention)
 (きょうちょうかいにゅう)
 
 
各国の中央銀行が協力して行う介入のことです。
 
 
金利変動リスク (きんりへんどうりすく)
 
 
取引している通貨の金利が変動し、スワップポイントの受払い額が変動するリスクです。
 
 
クウォート (Quote) (くうぉーと)
 
 
投資家に「買値」と「売値」の双方を提示することをいいます。
 
 
クロス円 (くろすえん)
 
 
「ユーロ/円」「豪ドル/円」など、「ドル/円」以外の対円通貨ペアのことです。
 
 
景気動向指数 (けいきどうこうしすう)
 
 
景気動向を測るための総合的な指数のことです。毎月、内閣府が発表します。
 
 
経常収支 (Current Balance) (けいじょうしゅうし)
 
 
国際収支の一つです。貿易収支、貿易外収支、移転収支の合計です。
 
 
決済 (けっさい)
 
 
反対売買によってポジションを閉じることです。
 
 
好材料 (こうざいりょう )
 
 
為替レート上昇させる要因のことです。
 
 
ゴールデンクロス (ごーるでんくろす)
 
 
長期の移動平均線と短期の移動平均線が引かれたチャートにおいて、長期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に突き抜ける現象をいい、為替レート上昇のサインとされます。
 
 
国際収支 (International Balance of Payment)
(こくさいしゅうし)
 
 
2国間における国際取引の収支状況です。経常収支と資本収支に大別され、これらもさらに細かく分けられます。
 
 
コモディティ (こもでぃてぃ)
 
 
金・プラチナなどの貴金属、大豆・トウモロコシなどの農産物、原油・天然ガスなどの資源といった商品を指します。
 
 
材料 (ざいりょう)
 
 
為替レートを動かす要因のことです。「材料出尽くし」「材料難」「材料待ち」などのかたちで使われます。
 
 
差金決済 (さきんけっさい)
 
 
現物の受渡しを伴わず、反対売買による差額の授受で決済することです。「くりっく365」の決済は、すべて差金決済です。
 
 
下げ足 (さげあし)
 
 
為替レートが概ね一貫して下落している状況を表します。
 
 
指値注文 (さしねちゅうもん)
 
 
注文の種類を表す言葉です。文字どおり売買価格を指定して出す注文です。
 
 
サブプライム問題 (さぶぷらいむもんだい)
 
 
米国の低所得者向け住宅ローン(いわゆるサブプライムローン)の返済が大量に焦げ付き、このローンを証券化した商品が暴落したことに伴う、世界的な金融不安のことです。
 
 
サマータイム (さまーたいむ)
 
 
エネルギー消費の削減を主な目的として、夏の一定期間だけ標準時より時計を1時間進める制度です。欧米やオセアニアなどで導入されています。
 
 
実現益 (じつげんえき)
 
 
反対売買によってポジションを決済した後に得た実際の利益のことです。
 
 
実現損 (じつげんそん)
 
 
反対売買によってポジションを決済した後に得た実際の損失のことです。
 
 
順張り (じゅんばり)
 
 
上昇トレンド、下降トレンドに逆らわず、為替レートが高くなると買い、安くなると売ることです。
 
 
消費者物価指数(しょうひしゃぶっかしすう)
 
 
消費者物価の動向を表す指標です。日本の場合、毎月総務省が発表します(略称はCPI)。
 
 
ショート (しょーと)
 
 
売りポジションを建てることです。買いポジションを建てることは「ロング」といいます。
 
 
信用リスク (しんようりすく)
 
 
資金の預け先が破綻するなどによって、元本や利息が返ってこなくなるリスクです。
 
 
ストリーミング注文 (すとりーみんぐちゅうもん)
 
 
注文方法の種類を表す言葉です。取引画面上に自動更新される現在の買値または売値をクリックすることで、その相場の実勢で発注する注文方法です。
 
 
スプレッド (すぷれっど)
 
 
買気配(売りレート)と売気配(買いレート)の差額です。
 
 
スワップポイント (すわっぷぽいんと)
 
 
ある通貨とある通貨の金利差調整分です。低金利通貨を売って、高金利通貨を買った場合には、その金利差額分の受取りが発生し、反対に高金利通貨を売って低金利通貨を買う場合には金利の支払いが発生します。
 
 
ゼロサム (ぜろさむ)
 
 
複数の人が参加する取引において、参加者全員の利益と損失がプラスマイナスゼロになることです。
 
 
相対力指数[RSI] (そうたいりょくしすう)
 
 
テクニカル分析手法の一つで、株価のトレンドなどを把握するために使われます。
 
 
損切り (そんぎり)
 
 
評価損(いわゆる含み損)を反対売買によって実現損失にすることをいいます。ロスカットともいいます。
 
 
米国30[NY米国工業株30種]
 (べいこく30〔NYべいこくこうぎょうかぶ30しゅ〕)
 
 
ダウ・ジョーンズ社が提供する米国の代表的な株式指標です。「ドル/円」レートをはじめとする為替レートの動向にも大きな影響を与えます。
 
 
建玉 (たてぎょく (たちぎょく))
 
 
FX取引において、通貨ペアを「買っている状態」「売っている状態」です。ポジションともいいます。
 
 
チャート (ちゃーと)
 
 
為替レートの動きをグラフ化したものです。時間の取り方により、月足、週足、日足、時間足、分足、ティックなどがあります。ケイ線ともいいます。
 
 
チャート分析 (ちゃーとぶんせき)
 
 
チャートを使って、為替レートの過去動向を把握したり、将来予想を立てたりすることです。
 
 
中央銀行 (ちゅうおうぎんこう)
 
 
各国において、貨幣の発券機能を備え、通貨価値の安定を担う銀行です。日本の場合、日銀が中央銀行です。
 
 
チョイス (Choice) (ちょいす)
 
 
買気配も売気配も同値という意味です。「アイザー・ウェイ」ともいいます。
 
 
ツー・ウェイ・プライス(Two Way Price)
 (つー・うぇい・ぷらいす)
 
 
為替レートの表示にあたって、買気配と売気配を同時に表示することです。
 
 
通貨ペア (つうかぺあ)
 
 
「ドル/円」「ユーロ/円」などのように、取引の対象となる通貨の組み合わせです。
 
 
ティック・チャート (Tick Chart) (読み方)
 
 
最も短い時間で区切ったチャートです。
 
 
手仕舞い (てじまい)
 
 
反対売買をしてポジションを解消することをいいます。
 
 
デッドクロス (でっどくろす)
 
 
長期の移動平均線と短期の移動平均線が引かれたチャートにおいて、長期の移動平均線を短期の移動平均線が上から下に突き抜ける現象をいい、為替レート下落のサインとされます。
 
 
トレンド (とれんど)
 
 
為替レート変動の傾向です。「上昇トレンド」「下降トレンド」というように使われるケースが多いです。
 
 
成行(注文) (なりゆき)
 
 
注文種類を表す言葉です。売買レートを決めず、その時点で提示されているレートで売買する注文方法です。
 
 
始値 (はじめね、はじまりね)
 
 
毎日の営業開始時点のレートです。
 
 
ヒストリカル・ハイ (ひすとりかる・はい)
 
 
各通貨ペアの史上最高値のことを、このように呼ぶことがあります。
 
 
ビッド (BID)  (びっど )
 
 
為替レートにおいて、金融機関などが投資家に提示する買い価格(投資家が売れる価格)です。
 
 
評価益(損) (ひょうかえき(ぞん))
 
 
いわゆる含み益(損)です。
 
 
ポジション (ぽじしょん)
 
 
建て玉のことです。買いポジション、売りポジションという使い方をします。
 
 
ボラティリティ (Volatility) (ぼらてぃりてぃ)
 
 
FXにおいては、主にレートの変動率の大きさを表します。
 
 
約定 (やくじょう)
 
 
買い注文または売り注文が成立すること。
 
 
安値 (やすね)
 
 
ある営業日の中で付いた最も低いレートです。
 
 
四本値 (よんほんね)
 
 
始値、終値、高値、安値という4つの値段をいいます
 
 
利食い (りぐい)
 
 
含み益が出ているポジションを決済して、利益を確定させることです。
 
 
リミット (Limit) (りみっと)
 
 
FX取引においては、指値注文のことです。
 
 
両建て (りょうだて)
 
 
ある通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に持つことです。
 
 
レバレッジ (ればれっじ)
 
 
「テコの原理」のことです。投資した金額の何倍もの取引が行える効果をいいます。
 
 
ローソク足 (ろーそくあし)
 
 
チャート分析に使う言葉で、始値、終値、高値、安値の四本値を基に、陽線、陰線を使って表す方法です。
 
 
ロスカット (ろすかっと)
 
 
含み損が出ている際に、その損失を確定させる決済を行うことです。
 
 
ロング (ろんぐ)
 
 
買いポジションを持つことをいいます。