サポートよくあるご質問-システム
システムセキュリティについて
データ保護システムは幾つかの層によって構成されています。
  1. ユーザー認証(認証と承認)
  2. クライアントコード保護(CASPOL)
  3. SSLとデータ暗号化
  4. ファイアウォールと一般的なサーバ保護
  5. 重要なデータのデータ暗号化
一般的な技術的問題を解決するには、以下の情報をご参照ください。こちらの情報では解決できない場合は、cs-jp@iforex.com まで、お客様のお名前・お電話番号・問題点の簡単な描写をお送りください。
Fxnet Traderをインストールできません。

ソフトウェアのインストールには管理者の承認が必要です。
インストールされているファイヤーウォールまたはアンチウィルスプログラムが原因で、問題が生じる場合があります。Fxnetをはじめて使用する場合、インストールされているアンチウィルスプログラムを無効にすることをお勧めします。 NortonアンチウィルスやNortonインターネットセキュリティをご利用の場合には、危険なスクリプトに関する警告ポップアップが表示されることがありますので、「全てのスクリプトを許可する」を選択してください。

取引システムをインストールしましたが、この後、何をすればいいですか?

プラットフォームをインストールすると、青地に白でFXの文字と緑の右肩上がりの矢印のアイコンがデスクトップ上に表示されます。アイコンをクリックし、取引システムを起動してください。最新版へのアップデート後、ログイン画面が表示されます。

ユーザー名とパスワードを入力しましたが、ログインに失敗しました。

ユーザー名またはパスワード、もしくはその両方を間違えることで発生する問題です。パスワードは数字とラテン文字の組み合わせです。ユーザー名またはパスワードを誤入力すると、次のメッセージが表示されます。「無効なユーザー名またはパスワード」

指値/新規ポジションを注文しましたが、見当たりません。

システムは、数秒間隔で自動更新します。ご注文いただいた指値やポジションが画面に表示されていない場合、「更新」ボタンをクリックして、最新情報を表示させてください。

取引画面が安定しません。次のようなメッセージが表示されます・「Object reference not set to an instance of an object, NullReferenceException and other exceptions.」

例外的なエラーが発生した場合、まず「エラーレポート」ボタンをクリックして、弊社までご報告ください。取引画面が安定しない場合は、アセンブリファイルとともにInternet Explorer のインターネット一時ファイルの削除をお勧めします。
アセンブリファイルの削除
dl2フォルダーと一時フォルダーを以下から削除します。
 C:/Documents and Settings/ユーザー名/Local Settings/Application Data/assembly. インターネット一時ファイルの削除
ツール > インターネットオプション で、全般タブの中のファイル削除をクリックし、全てのオフライン・コンテンツを削除するを選びます。

追加情報
  1. 通貨レート、両替計算システム、通貨予想、チャート、その他の当社ウェブサイトの情報を含むIFOREX Online ウェブサイトのコンテンツの使用を希望される場合は、氏名、電話番号、リクエスト内容をcs-jp@iforex.com へご送信ください。お早めにご連絡さし上げます。

  2. iFOREXは迅速で効果的なサービスを通じて高い水準のサポートをお客様に保証できるよう心掛けております。お客様にご意見、ご要望があれば、ぜひお聞かせください。すべてのご要望に迅速にお応えすることはできないかもしれませんが、ご意見は検討し可能な場合、弊社の開発計画に追加させていただきます。ご意見、ご要望等はcs-jp@iforex.com までEメールでお寄せください。