CFD取引で市場を勝ち抜く
 
 
CFD取引の人気は近年高まりつつあります。今日ではあらゆる投資家がCFD取引を行えるようになりました(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。

差金決済取引(CFD)では個人投資家が、実際に投資対象の現物を所有することなく、インデックスや商品先物などの様々な金融商品を取引することができます。CFDは人気金融商品の先物取引の値動きをそのまま反映します。個人投資家はテクニカル分析やファンダメンタル分析などの一般的な取引ツールやよく知られた手法を用いて、将来の市場トレンドに投資できます。

CFDは、外国為替証拠金取引(FX)と同様にレバレッジを利用できる投資方法として注目を集めてきています。すなわち、お客様はリスクを初期投資のみに抑えつつ、少額の投資で購買力を最大400%にまで高めることができます。

 

 


CFD取引のメリット

 

  • お客様は、株やインデックス、商品の現物を購入することなく、おなじみの各種金融商品を取引できます。
  • 各種指標や商品のレバレッジを最大400倍まで利用することで、ポートフォリオの可能性を最大限まで広げます。(ただし、現地法令の規定に従うものとします)
  • インデックスおよび商品の取引は手数料無料。ポートフォリオのコストを削減できます。
取引時間:

 

取引時間:弊社のインデックスおよび商品取引は、原先物取引の価格に基づいて終了する取引です。CFDの価格は原資産の価格に基づくため、通常原資産の取引市場が開いている時間に取引量が多くなります。このため、米国の市場をベースとした取引の出来高は、米国の市場取引時間内で増加する傾向があります。
以下はiFOREXが提供するCFDのリストおよび詳細の表示されたページのリンクです。どうぞご参照ください。

 


ご利用可能なCFD

  基礎銘柄   CFD 情報
日本:日本225(米ドル) 日経225/米ドル +
日本:日本225(円) 日経225/円 +
欧州: ヨーロッパ50 ヨーロッパ50/ユーロ +
ドイツ:ドイツ30 ドイツ30/ユーロ +
フランス: フランス40 フランス40/ユーロ +
スペイン: スペイン35 スペイン35/ユーロ +
イタリア:イタリア40 イタリア40/ユーロ +
イギリス:英国100種総合株価指数 英国100/英ポンド +
米国:米国工業株30種平均指数は 米国30/米ドル +
米国:米国500 米国500/米ドル +
米国:米国テック100 米国テック100/米ドル +

  基礎銘柄   CFD 情報
軽質油(WTI) 原油/米ドル +
天然ガス(HH) 天然ガス/米ドル +
コーヒー (アラビカ) コーヒー/米ドル +
砂糖11番 砂糖/米ドル +
トウモロコシ取引 コーン/米ドル +
大豆取引 大豆/米ドル +

 

原油/米ドル

 

最近、原油取引は金融投資として人気が高まってきており、個人トレーダーは商品の激しい価格変動から利益を上げたり、通貨価値下落をヘッジすることもできます。 過去には、原油取引が行えるのは大規模な機関、中央銀行、ヘッジファンド、個人富裕層に限られていましたが、 インターネットの普及のおかげで、毎日の相場変動や投資機会を利用して、こうした商品取引から利益を上げる個人投資家が多くなってきています。

指標原油には多くの種類があり、iFOREXはTexas Light Sweet Crude Oil(またはWTI- West Texas Intermediate)として知られる種類の原油の取引機会を提供しています。 WTIは、取引の流動性、取引量、透明性の点で最も優れており、エネルギー部門ではリスク管理において重要な役割を果たしています。 WTIの価格は、北海産出のブレント原油価格とともに、原油価格のニュースなどでよく取り上げられています。 WTIなどの原油タイプを含む原油取引は、トレーダーにオンラインによるダイナミックな商品取引方法を提供してくれます。 原油の取引価格がライブで提供され、トレーダーは魅力的で収益性の高い商品取引市場へ即座にアクセスし取引することができます。

原油取引のメリット:

  • 1つの取引口座で複数商品の多様なポートフォリオを構築できます。原油取引を外国為替やその他の商品に加え、理想的な投資ミックスを実現します。
  • 特定の通貨、商品、指標銘柄は原油と相関関係にあることがあり、トレーダーは取引に有益な情報を得ることもできます。
  • 原油価格は変動が激しく、日々価格が変化するため、トレーダーは著しい値動きを投資チャンスとして利用することができます。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの商品の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

米国500/米ドル

 

幣社は、お客様のために面白味のある新たな投資機会を常に模索しています。FXおよび商品取引に加えて、米国500 CFDをご利用いただけるようになりました。最大200倍のレバレッジを使うことにより、このインデックスの値動きから利益を得ることができます。

背景

 

米国500指標は、米国ニューヨーク証券取引所またはナスダックの上場企業の普通株式上位500銘柄で構成されています。米国500は、米国に本拠を置く企業を中心としているため、米国経済の現状や将来の方向性を示す指標として認識されています。

CFDを使った米国500取引のメリット

  • CFDという形で市場の主要インデックスを取引することにより、ポートフォリオに米国市場のトレンドを組み込むことができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • 最大200倍までカスタマイズしたレバレッジを利用して、購買力を最大限まで広げることができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • インデックスおよび商品の取引は手数料無料。ポートフォリオのコストを削減できます。
  • ショートポジションやヘッジといった高度な取引手法を駆使して、市場のあらゆる方向に投資できます。

取引例

 

幣社のCFDは原資産の価格に従いますが、トレーダーはカスタマイズしたレバレッジを使って取引を最大化できます。

このため、たとえば200ドル投資した場合、潜在的な購買力を最大200倍(すなわち40,000ドル)にまで高めることが可能です。

米国500が1170ポイントで取引されている場合、米国500の1件当たり取引価格は1170ドルとなります(この例ではスプレッドを計算に含めていません)。この例では、当初の200ドルの投資では1件も取引することはできませんが、レバレッジを使うことで購買力が高まり、34件もの買い取引が可能となります。

このように、米国500が上昇すると思った場合は「買い取引」する、すなわち「ロングにする」のが合理的です。

価格が1200ポイントに上昇した(+2.56%)場合、取引の利益は以下のように計算されます:

注文価格 1170ドル
決済価格 1200ドル
差額 30ドル
取引による利益(30ドル×34件) 1020ドル

*この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

米国500の価格が開始価格よりも下落した場合は、損失は当初の投資金額の200ドル以下に制限されます。

CFD取引がリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

米国500の取引またはその他のCFD取引に関する詳しい情報については、 cs-jp@iforex.com までお気軽にお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

米国テック100/米ドル

 

当社が提供するCFDの範囲は拡大し続けており、このたび米国テック100が新しく加わりました。これにより、お客様に最も面白味のある取引の可能性をお約束します。米国テック100は、他のCFD、FX、商品取引を完全に補完するものとして当社のプラットフォームに追加されました。最大200倍のレバレッジを使うことにより、基本的には、初期投資の200倍までの金額で米国テック100指標を取引し、市場の値動きから利益を得ることができます。

背景

 

米国テック100は、ナスダック市場に上場している米国など世界各国の非金融業の株式100銘柄で構成されており、最も重視されている市場インデックスの1つです。米国テック100は、その他多くのインデックスとは構成する銘柄の基準が異なることから、特徴ある指標です。

CFDを使った米国テック100取引のメリット

  • 1つの取引口座に多くの選択肢を持つことで、ポートフォリオの分散化を図ることができます。FXや商品、米国テック100などのインデックスをワンクリックで取引できます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • 幣社の米国テック100 CFDは、原資産の値動きをそのまま反映します。このため、実際に資産を所有することなく、米国テック100のトレンドから利益を得ることができます。
  • 最大200倍までカスタマイズしたレバレッジを利用して、利益の可能性を最大限まで広げることができます。
  • インデックスおよび商品の取引は手数料無料、しかも印紙税もかかりません。ポートフォリオのコストを削減できます。

取引例

 

当社のCFDは原資産の価格に従いますが、トレーダーはカスタマイズしたレバレッジを使って取引を最大化できます。

このため、たとえば200ドル投資した場合、潜在的な購買力を最大200倍(すなわち40,000ドル)にまで高めることが可能です。

米国テック100が2420ポイントで取引されていた場合、米国テック100の1件当たり取引価格は2420ドルとなります(この例ではスプレッドを計算に含めていません)。この例では、当初の200ドルの投資では1件の取引もできませんが、レバレッジを使うことで購買力が高まり、16件もの買い取引が可能となります。

このように、米国テック100が上昇すると思った場合は「買い取引」する、すなわち「ロングにする」のが合理的です。

価格が2480に上昇した(+2.48%)場合、取引の利益は以下のように計算されます:

注文価格 2420ドル
決済価格 2480ドル
差額 60ドル
取引による利益(60ドル×16件) 960ドル

*この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。

米国テック100の価格が開始価格よりも下落した場合、損失は当初の投資金額の200ドル以下に制限されます。

CFD取引がリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、当社の損失限定プログラムにより、投資額を超えて損失を被ることはありません。

米国テック100の取引またはその他のCFD取引に関する詳しい情報については、 cs-jp@iforex.com までお気軽にお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

米国30/米ドル

 

当社では、CFDやFXなど様々な銘柄のお取引をお客様に提供しています。最近このような銘柄に米国30工業株平均(略して「ダウ」)が加わりました。これにより、お客様はレバレッジを利用して米国30の値動きから利益を得ることができるようになりました。

背景

 

米国30工業株平均は、最も有名で注目されている米国株インデックスの1つです。1896年、ウォールストリート・ジャーナル紙の編集者であり、ダウ・ジョーンズ社の共同創立者だったチャールズ・ダウ氏によって創設されました。この指標は、米国に本拠を置く株式公開会社の株式30銘柄で構成されています。株価の加重平均をベースとしていますが、株式分割などの補正の効果を相殺するため、除数調整を行った平均値が用いられています。

CFDを使ったNY米国30取引のメリット

  • CFDという形で市場の主要インデックスを取引することにより、ポートフォリオに米国市場のトレンドを組み込むことができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • 最大200倍までカスタマイズしたレバレッジを利用して、購買力を最大限まで広げることができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • インデックスおよび商品の取引は手数料無料。ポートフォリオのコストを削減できます。
  • ショートポジションやヘッジといった高度な取引手法を駆使して、市場のあらゆる方向に投資できます。

取引例

 

当社のCFDは原資産の価格に従いますが、トレーダーはカスタマイズしたレバレッジを使って取引を最大化できます。

このため、たとえば200ドル投資した場合、潜在的な購買力を最大200倍にまで(すなわち40,000ドルにまで)高めることが可能です。

NY米国30が11200ポイントで取引されていた場合、NY米国30の1件当たり取引価格は11200ドルとなります(この例ではスプレッドを計算に含めていません)。この例では、当初の200ドルの投資では1件の取引もできませんが、レバレッジを使うことで購買力が高まり、3件もの買い取引が可能となります。

このように、NY米国30が上昇すると思った場合は「買い取引」する、すなわち「ロングにする」のが合理的です。

価格が11500に上昇した(+2.68%)場合、取引の利益は以下のように計算されます。

注文価格 11200ドル
決済価格 11500ドル
差額 300ドル
取引による利益(300ドル×3件) 900ドル

*この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

NY米国30の価格が注文価格よりも下落した場合は、損失は当初の投資金額の200ドル以下に制限されます。

CFD取引がリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

NY米国30の取引またはその他のCFD取引に関する詳しい情報については、cs-jp@iforex.com までお気軽にお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

日本225/米ドル

 

幣社では取引銘柄の種類を拡充しています。従来のFX、商品、CFDに加えて、日経225インデックスがお取引いただけるようになりました。大きな変動、流動性、市場のイベントなどから、日経225は、あらゆるタイプのトレーダーに魅力ある機会を提供する主要市場インデックスです。

背景

 

日経225は、東京証券取引所一部上場企業の株式上位225銘柄から構成されている株式指標です。米国30工業株平均と同様、日経225は株価の加重平均によるインデックスです。つまりこのインデックスでは、株価が最も高い企業の株式が最も大きな割合を占めます。このインデックスの銘柄は年間ベースで入れ替えを行います。医薬品メーカー、金融機関など様々な業種の日本企業の株式が組み入れられます。

CFDを使った日経225取引のメリット

  • CFDという形で市場の主要インデックスを取引することにより、ポートフォリオにアジア市場のトレンドを組み込むことができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • 最大200倍までカスタマイズしたレバレッジを利用して、購買力を最大限まで広げることができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • インデックスおよび商品の取引は手数料無料。ポートフォリオのコストを削減できます。
  • ショートポジションやヘッジといった高度な取引手法を駆使して、市場のあらゆる方向に投資できます。

取引例

 

当社のCFDは原資産の価格に従いますが、トレーダーはカスタマイズしたレバレッジを使って取引を最大化できます。

このため、たとえば200ドル投資した場合、潜在的な購買力を最大200倍(すなわち40,000ドル)にまで高めることが可能です。

日経225が8560ポイントで取引されていた場合、日経225の1件当たり取引価格は8,560ドルとなります(この例ではスプレッドを計算に含めていません)。この例では、当初の200ドルの投資では1件の取引もできませんが、レバレッジを使うことで購買力が高まり、4件もの買い取引が可能となります。

このように、日経225が上昇すると思った場合は「買い取引」する、すなわち「ロングにする」のが合理的です。

価格が8760ポイントに上昇した(+2.34%)場合、取引の利益は以下のように計算されます。

注文価格 8560ドル
決済価格 8760ドル
差額 200ドル
取引による利益(200ドル×4件) 800ドル

*この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

日経225の価格が開始価格よりも下落した場合は、損失は当初の投資金額の200ドル以下に制限されます。

CFD取引がリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、当社の損失限定プログラムにより、投資額を超えて損失を被ることはありません。

日経225の取引またはその他のCFD取引に関する詳しい情報については、cs-jp@iforex.com までお気軽にお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。


英国100/英ポンド

 

「Footsie(フッツィー)」、英国100種総合株価指数はロンドン証券取引所(LSE)上場の時価総額上位100銘柄をベースにして、1984年に算出を開始しました。頭文字のFTSEはフィナンシャル・タイムズとロンドン証券取引所の名称に由来します。英国100指数は英国の経済力を象徴する指標とされることが多く、欧州で最も重要な意味を持つ指数といえるでしょう。英国100を構成する100銘柄は英国の株式市場の約80%に相当します。
同指数は適正に時価総額上位の100社で構成されるように、四半期ごとの入れ替えが行われます。

取引 英国100/英ポンド

 

英国100指数は英国に重点を置いた世界的な指数で、世界の事象に反応して動きます。英国100指数はその構成内容から、石油および鉱業関連銘柄が大きな重みを持っています(例、BP、シェル、リオ・ティント、テスコ)。これらの石油、鉱業企業は巨大企業であるところから、同指数の約30%を構成しています。このため、石油の価格や物価が英国100に大きく影響することがあります。

その他に英国100を構成する企業としては、HSBCやバークレイズなどの銀行、ボーダフォンやBTなどの電気通信企業、ユニリーバなどの消費財コングロマリットなどが挙げられます。

取引例*

 

幣社のCFDは基本となる金融商品の価格をベースにしますが、トレーダーはカスタマイズされたレバレッジを使って取引を大きくすることができます。

たとえば、実際の投資金額がわずかに200ポンドであっても、潜在購買力は最大200倍、すなわち40,000ポンドまで拡大できるのです(当該地域の法規制で許可される場合)。

かりに英国100が5,650ポイントで売買されているとすると、英国100の1口の契約価格は5,650ポンドとなります(この例では、計算上、スプレッドは除外しています)。この場合、当初の200ポンドでは1口の取引もできませんが、レバレッジを使用して購買力が拡大すると、7口の取引が可能となります。

英国100が上昇すると確信する場合、これを「買う」、すなわち「ロング」します。

価格が5,800ポイントに上昇(2.65%の上昇)した場合、このトレードでの利益は以下の通りに算出されます。

開始価格 £5650
終了価格 £5800
差額 £150
取引による利益(£150 x 7 契約) £1050

* 数値は実際のデータに基づくものではなく、仮想上の例です。数値はスプレッドを考慮していません。

英国100の市場価格が開始価格を下回った場合のトレーダーの損失は、当初の投資額である200ポンドに限定されます。

CFDの取引には一定のリスクが伴うことを忘れてはなりませんが、弊社の損失限定サービスにより、トレーダーは投資額以上の金額を失う恐れはありません。

英国100、その他CFD契約の取引に関する詳細はcs-jp@iforex.comまでお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

ドイツ30/ユーロ

 

ドイツ30指数(Deutscher Aktien IndeX、正式名称はDeutscher Aktien-Index ドイツ株価指数)とは、フランクフルト証券取引所におけるドイツの主要企業30社で構成する株価指数を指します。構成企業は時価総額と注文板取引による出来高をもとに選ばれ、組み入れ企業は四半期ごとに見直されます。ドイツ30指数に含まれる30社の時価総額はフランクフルト証券取引所の全体の約75%を占めています。
これら企業は、概ね国際的に有名な企業です。最有名なものは恐らくフォルクスワーゲンやBMW、ダイムラー(メルセデス-ベンツ)といった自動車メーカーですが、アディダスやシーメンス、ルフトハンザ、SAPなどの主要な国際的企業も含まれています。

取引 ドイツ30/ユーロ

ドイツ30指数は英国や米国の指数と並んで、主要な株価指数とされています。ドイツ30指数が取引される最大の理由は、取引時間が長時間にわたる点にあり、投資家は自分のスケジュールに合わせて取引できます。ポートフォリオにドイツ30指数を加えると投資の分散化が図れますが、ドイツ30指数が個別企業30社で構成されているからといって、同じく30銘柄で構成する米国の米国30工業株平均などの指数と同じように動くと考えてはいけません。米国30工業株平均は30銘柄の株価加重平均型指数で、平均値の算出に当たって高株価銘柄、低株価銘柄を同等に扱っています。一方、ドイツ30指数は時価総額加重平均型指数で、企業規模を考慮した上で平均値の変動を捉えています。

 

取引例*

幣社のCFDは基本となる金融商品の価格をベースにしますが、トレーダーはカスタマイズされたレバレッジを使って取引を大きくすることができます。

たとえば、実際の投資金額がわずかに200ユーロであっても、潜在購買力は最大200倍、すなわち40,000ユーロまで拡大できるのです(当該地域の法規制で許される場合)。

かりにドイツ30種指数が6,650ポイントで売買されているとすると、ドイツ30指数の1口の契約価格は6,650ユーロとなります(この例では、計算上、スプレッドは除外しています)。この場合、当初の200ユーロでは1口の取引もできませんが、レバレッジを使用すると購買力が拡大して、6口の取引が可能になります。

ドイツ30指数が上昇すると確信する場合、これを「買う」、すなわち「ロング」します。

価格が6,800ポイントに上昇(2.26%の上昇)した場合、このトレードでの利益は以下の通りに算出されます。
 

開始価格 €6650
終了価格 €6800
差額 €150
取引による利益(€150 x 6 契約) €900

* 数値は実際のデータに基づくものではなく、仮想上の例です。数値はスプレッドを考慮していません。

ドイツ30指数の市場価格が開始価格を下回った場合のトレーダーの損失は、当初の投資額である200ユーロに限定されます。

CFDの取引には一定のリスクが伴うことを忘れてはなりませんが、弊社の損失限定サービスにより、トレーダーは投資額以上の損失をこうむることはありません。

ドイツ30種指数、その他CFD取引に関する詳細はcs-jp@iforex.com までお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

フランス40/ユーロ

 

フランス40種指数はユーロネクスト・パリ市場に上場されている企業の様々な事業分野を最も適切に代表する40社で構成されています。ドイツ30種指数と同じく、フランス40種指数に採用される企業は四半期ごとに見直され、ポートフォリオの運用やデリバティブ(金融派生商品)に最も関連のある時価総額、出来高の上位100社から選び出されます。同指数は独立した委員会が運営に当たり、市場の変動や構成銘柄の時価総額、出来高の変動に合わせて、必要に応じて調整を行います。見直し作業では、ユーロネクスト・パリの上場企業を過去12ヶ月間の実績を基準にしてランク付けし、そこから40銘柄を選び出して指数に組み入れます。同指数を構成する企業はほぼフランスを本拠地とする企業ばかりですが、大半は国際的にその名を知られた企業です。

フランス40として知られるフランス40は1987年に基準値を1,000としてスタートしました。同指数では、いずれの銘柄もそのウェイトが全体の時価総額の15%を超えてはならないという制限が設けられています。

取引 フランス40/ユーロ

フランス40種指数はユーロネクスト・パリの中心的なベンチマーク指数です。
通常の株価指数とは異なる指数を求め、同時に世界市場全体の株価指数との間に密接な関連性のある地域の株価指数をトレードしたいとお考えの場合、欧州のフランス40はそんなニーズにうってつけです。

 

取引例*

当社のCFDは基本となる金融商品の価格をベースにしますが、トレーダーはカスタマイズされたレバレッジを使って取引を大きくすることができるのです。

たとえば、実際の投資金額がわずかに200ユーロであっても、潜在購買力は最大200倍、すなわち40,000ユーロまで拡大できるのです(当該地域の法規制で許される場合)。

かりにフランス40種指数が3,050ポイントで売買されているとしますと、フランス40指数の1口の契約価格は3,050ユーロとなります(この例では、計算上、スプレッドは除外しています)。このトレーダーの場合、当初の200ユーロでは1口の取引も契約できませんが、レバレッジを使用しますと、購買力が拡大して、この契約ができるどころか、13口の契約も可能になるのです。

ですから、フランス40指数が上昇すると確信する場合、これを「買う」、すなわち「ロング」するのが道理に適ったやり方になります。

価格が3,150ポイントに上昇(3.28%の上昇)した場合、このトレードでの利益は以下の通りに算出されます。
 

開始価格 €3050
終了価格 €3150
差し引き €100
取引による利益(€100 x 13 契約) €1300

* 数値は実際のデータに基づくものではなく、仮想上の例です。数値はスプレッドを考慮していません。

フランス40指数の市場価格が開始価格を下回った場合のトレーダーの損失は、当初の投資額である200ユーロに限定されます。

CFDの取引には一定のリスクが伴うことを忘れてはなりませんが、当社にはマイナス収支保護プログラムがあるため、トレーダーには当初の投資額以上の金額を失う恐れはありません。

フランス40種指数、その他CFD契約の取引に関する詳細はcs-jp@iforex.comからお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

イタリア40/ユーロ

 

イタリア40指数(Milano Italia Borsa、 2009年6月以前はS&P/MIB)はイタリア証券取引所のベンチマーク株価指数です。イタリア40指数は時価総額ではイタリア国内の株式の約80%をカバーしています。流動性および時価総額両面での上位40企業の株価をもとに測定するもので、そこには同国株式市場における分野別ウェイトが反映されます。

同指数はイタリア証券取引所(BIT)のMTA市場上場の株式をベースにしており、ETF(上場投資信託)、トラッカー・ファンド、金融派生商品、仕組商品などの基準として使用することを目的として創設されました。イタリア40指数は当初、スタンダード&プアーズが管理していましたが、2009年6月にFTSEグループに移管されました。同グループはイタリア証券取引所の親会社であるロンドン証券取引所グループがその株式の50%を保有しています。

イタリア40指数には、自動車メーカーのフィアット、銀行のウニクレディト、アルコール飲料メーカーのカンパリ、シルヴィオ・ベルルスコーニ前イタリア首相の所有するマスコミ関連のメディアセットなどの企業が含まれています。

 

取引例*

当社のCFDは基本となる金融商品の価格をベースにしますが、トレーダーはカスタマイズされたレバレッジを使って取引を大きくすることができます。

たとえば、実際の投資金額がわずかに200ユーロであっても、潜在購買力は最大200倍、すなわち40,000ユーロまで拡大できるのです(当該地域の法規制で許される場合)。

かりにイタリア40が13,300ポイントで売買されているとしますと、イタリア40の1口の契約価格は13,300ユーロとなります(この例では、計算上、スプレッドは除外しています)。当初の200ユーロでは1口も取引できませんが、レバレッジを使用して購買力を拡大させると、3口の取引が可能になります。

イタリア40が上昇すると確信する場合、これを「買う」、すなわち「ロング」します。

価格が14,000ポイントに上昇(5.26%の上昇)した場合、このトレードでの利益は以下の通りに算出されます。
 

開始価格 €13300
終了価格 €14000
差額 €700
取引による利益(€700 x 3 契約) €2100

* 数値は実際のデータに基づくものではなく、仮想上の例です。数値はスプレッドを考慮していません。

イタリア40の市場価格が開始価格を下回った場合のトレーダーの損失は、当初の投資額である200ユーロに限定されます。

CFDの取引には一定のリスクが伴うことを忘れてはなりませんが、弊社の損失限定サービスにより、トレーダーは投資額以上の損失をこうむることはありません。

イタリア40、その他CFD契約の取引に関する詳細はcs-jp@iforex.comまでお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

ヨーロッパ50/ユーロ

 

弊社はお客様にCFDや為替など多様な取引商品をご提供しています。このたびさらに、レバレッジを利用してヨーロッパ50の値動きから利益を追求していただけるようになりました。

背景

 

ヨーロッパ50指数は、ユーロ圏における最大規模の優良50銘柄の株価を反映させるための指数です。同指数には欧州の代表的な銀行や石油会社、電気通信・エレクトロニクス事業社、自動車メーカーなどが含まれます。ヨーロッパ50にはパリやフランクフルトの市場では取引されていない、エイゴン(オランダ)やアルセロール・ミタル(ルクセンブルグ)、BBVA(スペイン)、ノキア(フィンランド)などの大企業が含まれています。ユーロ圏では最も広く認知された優良銘柄で構成する株式市場のベンチマークで、誰にも投資可能で、且つ常時取引のあるユーロ圏の全上場会社の「浮動株」時価総額の60%相当が対象になっています。

ヨーロッパ50のCFDの取引では、利益または損失はユーロで発生します。弊社ではこれが自動的に口座通貨に両替され、口座残高に反映されます。

ヨーロッパ50指数取引の利点

 

  • CFDの形で市場の代表的指数を取引することにより、ポートフォリオに欧州市場を組み込むことができます(当該地の規制で許される場合)。
  • 最大200倍のカスタマイズされたレバレッジにより、購買力を拡大できます(当該地の規制で許される場合)。
  • ショートやヘッジなどの高度なトレーディング・ストラテジーを利用することで、マーケットがどちらに向かっても利益を得ることができます。

取引の例*

弊社のCFDは商品の基本価格に従いますが、お客様はカスタマイズされたレバレッジを利用することで取引規模を拡大できます。

つまり、お客様の実際の投資額がわずか200ユーロであっても、潜在購買力は最大200倍の40,000ユーロにまで拡大します(当該地の規制で許される場合)。

ヨーロッパ50の相場が2,000ポイントだとしますと、ヨーロッパ50の1口の価格は2,000ユーロとなります(この例では、スプレッドは計算には含みません)。このケースでは、当初の投資額200ユーロでは先物1口でさえも買い付けられませんが、レバレッジの利用により取引が可能となり、20口の買い付けができます。

ヨーロッパ50の相場が今後、上昇すると信じる場合は、「買い」または「ロング」とするのが理に適った方法でしょう。

そして、相場が2044ポイントに上昇した場合(+2.20%)、この取引での利益は以下の通りに算出されます。
 

注文価格 €2000
決済価格 €2044
差額 44 EUR
取引による利益(44ユーロX20枚) €880

* この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

逆に相場が開始値より下落した場合でも、損失は当初の200ユーロ以内に限定されます。

CFD取引が一定のリスクを伴うことにご留意ください。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

ヨーロッパ50その他のCFD契約のトレードに関する詳細はこちらまでお問い合わせください。cs-jp@iforex.com

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

天然ガス/米ドル

 

iFOREXではヘンリー・ハブ天然ガスCFDにより、天然ガス相場の動きから利益を上げることができます。各種CFD商品と同じく、弊社のヘンリー・ハブ天然ガスCFDでは、商品先物契約の価値の変動に対して投資いただきますが、天然ガスの現物受渡しはありません。

ヘンリー・ハブ天然ガスの契約は、天然ガス取引に関する世界のベンチマーク契約となっています。天然ガスはmmBtu(英国熱単位)当たりの米ドルで値付けが行われ、取引単位は10,000mmBtuです。

ガスと石油はいずれも輸送機関への燃料供給や発電、住宅・産業用の暖房などを通じる世界の動力であり、電力、熱源です。しかしながら、より豊かに存在するのは天然ガスです。生産が今後、一定水準で推移するとして、石油の供給可能期間は41年間とされますが、天然ガスのそれはより長く、65年間といわれています。

天然ガスの価格決定方式はきわめて単純です。基本的には天然ガス自体の需要供給の力学によって決まり、一般には石油と比較して外部要因にはそれほど影響されません。

コモディティCFDのトレードでは、利益または損失は米ドル(USD)で発生します。弊社ではこれが自動的に口座通貨に両替され、口座残高に反映されます。

天然ガス取引の利点

  • 天然ガスをその他のコモディティや通貨に追加し、単一の口座に多様なポートフォリオの構築が可能となります。
  • 通貨やコモディティ、インデックスには天然ガスと相関関係を有するものもあり、天然ガスを加えることで取引への洞察を深めることができます。
  • 最大66倍のカスタマイズされたレバレッジにより、購買力を拡大することができます。(当該地の規制で許される場合)

取引例*

 

弊社のCFDは商品の基本価格に従いますが、お客様はカスタマイズされたレバレッジを使用することでトレードの規模を拡大できます。

このため、お客様の実際の投資額がわずか600ドルであっても、潜在購買力は最大66倍の40,000ドルにまで拡大します(当該地の規制で許される場合)。

この例でいえば、天然ガスの取引相場が2.353ドルだとしますと、当初の投資額600ドルでは1単位も買い付けられませんが、レバレッジの利用により最大17,000単位までトレードが可能です(価格2.353ドルの場合、10,000ユニット(ポンド)の先物1枚は23,530ドルに相当)。

天然ガス相場が今後上昇すると信じる場合は、「買い」または「ロング」とするのが理に適っています。

そして、相場が2.353ドルから2.406ドルに上昇した場合(+2.26%)、この取引での利益は以下の通りに算出されます。

注文価格 $2.353
決済価格 $2.406
差額 $0.053
取引利益(0.053ドルX17000枚) $901

* この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

逆に天然ガスの相場が開始値より下落した場合でも、損失は当初の600ドル以内に限定されます。

CFD取引が一定のリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

天然ガスおよびその他CFD契約の取引に関する詳細はこちらまでお問い合わせください。 cs-jp@iforex.com

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの商品の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

コーヒー/米ドル

 

コーヒーそのものの取引は日常的に行われていますが、投資家はコーヒーの現物を手にすることなく、その値動きを利用することを考えます。iFOREXではコーヒー「C」 CFDで、コーヒー相場の動きから利益を得ることが可能です。各種CFD商品と同じく、弊社のコーヒー「C」 CFDではお客様に商品先物契約の価値の変動に対して投資いただきますが、コーヒーの現物の受け渡しはございません。

世界規模でトレードされているコーヒーにはアラビカとロブスタの2タイプがあります。
コーヒー「C」契約は、19ヶ国で生産されるアラビカ・コーヒー取引に関する世界のベンチマーク契約となっています。コーヒーは1ポンド(0.4536キログラム)当たりの米セントで値付けが行われ、1契約は37,500ポンドです。(約250バッグ相当)

コーヒーは世界で最も人気のあるホットドリンクのひとつですが、同時に重要なコモディティ(商品)でもあります。世界中で1日に22億5,000万杯以上のコーヒーが消費されています。最大の消費国は米国、ドイツ、イタリアなどの先進国で、これらの国が世界のコーヒーの大半を輸入しています。コーヒーはOECD(経済開発協力機構)加盟国ではほとんど生産も輸出もされず、輸入が圧倒的なシェアを占めています。

コーヒー相場はここ数年、異常に不安定です。ブラジル・ハイランドにおける生産凍結などの供給面での混乱のほか、1990年代後半や2000年初頭のベトナムのように低価格商品によってマーケットシェア拡大を狙う新興輸出国の登場も相場不安定の要因です。1日の取引中でもコーヒー「C」先物の値動きは激しく、近年、デイトレーダーの間で人気を博しています。

コモディティCFDの取引では、利益または損失は米ドル(USD)で発生します。弊社ではこれが自動的に口座通貨に両替され、口座残高に反映されます。

コーヒー取引の利点

  • 最大66倍のカスタマイズしたレバレッジにより、購買力を拡大(当該地の規制で許される場合)
  • CFDの形でマーケットの代表的商品を取引することによるポートフォリオの多様化(当該地の規制で許される場合)
  • コーヒーは通常初めてのトレーダーにもなじみがあり、信頼に足る情報を得やすい商品です。

取引例*

 

弊社のCFDは商品の基本価格に従いますが、お客様はカスタマイズされたレバレッジを使用することで取引規模を拡大できます。

このため、お客様の実際の投資額がわずか600ドルであっても、潜在購買力は最大66倍の40,000ドルにまで拡大します(当該地の規制で許される場合)。

コーヒーの取引相場が133.00ドルだとしますと、当初の投資額600ドルでは1単位も買い付けられませんが、レバレッジの利用により最大300単位までトレードが可能です(価格133.00ドルの場合、37,500ユニット(ポンド)の先物1枚は49,875ドルに相当)。

コーヒー相場が、今後上昇すると考える場合は、「買い」または「ロング」とするのが理に適っています。

その後相場が136.20ドルに上昇した場合(+2.4%)、この取引での利益は以下のように算出されます。

注文価格 $133.00
決済価格 $136.20
差額 $3.20
取引による利益(3.20ドルX300枚) $960

* この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

逆に相場が注文価格より下落した場合でも、損失は当初の投資金額の600ドル以内に限定されます。

CFD取引が一定のリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

コーヒーその他のCFD契約のトレードに関する詳細はこちらまでお問い合わせください。cs-jp@iforex.com

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの商品の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

砂糖/米ドル

 

砂糖そのものの取引は日常的に行われていますが、投資家は砂糖の現物を手にすることなく、その値動きを利用することを考えます。iFOREXでは砂糖11番 CFDで、砂糖相場の動きから利益を得ることができます。各種CFD商品と同じく、弊社の砂糖11番 CFDではお客様に商品先物契約の価値の変動に対して投資いただきますが、砂糖の現物の受け渡しはございません。

砂糖11番契約は、特定の29ヶ国で生産される粗糖取引に関する世界のベンチマーク契約となっています。砂糖は1ポンド(0.4536kg)当たりの米セントで値付けが行われ、取引単位は1契約50英トン(50「ロングトン」、112,000ポンド、50,800キログラムに相当)です。

契約名の「11番」は船積み経費についての売り手、買い手の間での処理方法に関係しています。砂糖11番は「FOB(本船渡し)」で売却されますが、これは、品物が積み出し港で船舶に積み込まれた後は輸送のコストとその品物に対する責任が売り手から買い手に移行するという取引条件を意味します。

多くの国では政府が砂糖の製造業者に補助金を支給している関係から、砂糖価格を決める主な要素として政府の規制が挙げられます。砂糖の最大の生産国はブラジル、インド、EUで、年間生産量は約1億6,000万メートルトンに上ります。砂糖はエタノールの優れた原料であるため、石油価格やエタノールの需要も砂糖の国際相場に影響します。たとえば、2008年の前半、砂糖相場はガソリン価格の上昇を受けて20%以上上昇しました。

コモディティCFDのトレードでは、利益または損失は米ドル(USD)で発生します。弊社ではこれが自動的に口座通貨に両替され、口座残高に反映されます。

砂糖取引の利点

  • 砂糖は、新規参入のトレーダーにもなじみがあり、優良な信頼できる情報源を見つけやすいコモデティです。
  • 外貨取引や他のコモディティに砂糖を加え、投資商品の多様化を実現。ひとつの口座で多様な商品を含むポートフォリオを構築することができます。
  • 最大66倍のカスタマイズされたレバレッジにより、お客様の購買力を拡大できます(当該地の規制で許される場合)。

取引例*

 

弊社のCFDは商品の基本価格に従いますが、お客様はカスタマイズされたレバレッジを使用することで取引規模を拡大できます。

つまり、お客様の実際の投資額がわずか600ドルであっても、潜在購買力は最大66倍の40,000ドルにまで拡大します(当該地の規制で許される場合)。

砂糖の取引相場が1単位26.65ドルとした場合(この例ではスプレッドは計算に含みません)、当初の投資額600ドルでは先物1契約も買い付けられませんが、レバレッジの利用により最大1,500単位までの取引が可能です(価格26.65ドルの場合、112,000ユニット(ポンド)の先物1契約は29,848ドルに相当)。

砂糖相場が今後、上昇すると信じる場合は、「買い」または「ロング」とするのが理に適った方法でしょう。

もし相場が27.25ドルに上昇した場合(+2.35%)、この取引での利益は以下のように算出されます。

注文価格 $26.65
決済価格 $27.25
差額 $0.60
取引利益(0.60ドルX1500枚) $900

* この例は実際のデータに基づくものではなく、あくまで仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

逆に相場が注文価格より下落した場合でも、損失は当初の600ドル以内に限定されます。

CFD取引が一定のリスクを伴うことにご留意ください。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

砂糖その他のCFD契約のトレードに関する詳細はこちらまでお問い合わせください。cs-jp@iforex.com

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの商品の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

スペイン35/ユーロ

 

幣社では、CFDやFX取引など、各種金融商品をお客様に提供しております。現在、スペイン35でもレバレッジを利用した取引で、利益を得ることが可能となっております。

 

背景

 

スペイン35はスペインのマドリード証券取引所における主要な株価指数で、イベリア指数35株価指数に基づいています。これはマドリード証券取引所において取引されている総合指数の中で最も流動性の高い35銘柄で構成される時価総額加重平均株価指数で、年に2回その見直しが行われます。 スペイン35のオプション取引と指数先物取引はMEFF(Mercado Español de Futuros Financieros)によって提供されます。

スペイン35 は1992年1月14日に開始されましたが、指数値は1989年12月29日を3,000ポイントとして算出されています。

2000年から2007年にかけて、この株価指数は、特に建設・不動産株式を支えた比較的強い国内の経済成長に牽引され、西欧諸国の市場の多くをしのぐ勢いでした。スペイン35は2007年11月8日に史上最高値の15,945.70を更新しましたが、その後2008年1月には1週間でスペイン35は過去最大の1日当たり下落率と上昇率を記録しました。2008年1月21日の取引終了時には7.5%まで下落し、スペイン株式市場において1987年以来史上2番目に大きな下げ幅となりましたが、その3日後には6.95%の上昇を記録しました。

スペイン35の構成要素は年に2回(6月と12月)見直されます。一般的には、過去6ヶ月間でユーロの取引量が最も多い35社が選ばれ、この指数に含まれますが、その株式の平均浮動株時価総額が少なくともその指数の合計時価総額の0.3%であることを条件としています。

スペイン35を構成する企業には、Telefónica(テレフォニア)、Banco Santander(サンタンデール銀行)、Repsol(レプソル)などがあります。

 

スペイン35指数取引のメリット

 

  • CFD取引により主要株価指数を取引することでスペイン株式市場の銘柄をポートフォリオに組み入れることができます(当該地の規制で許可される場合)。
  • レバレッジを100倍までカスタマイズして購買力を最大化できます(当該地の規制で許可される場合)。
  • ショートやヘッジなど高度なトレーディング戦略を活用することで市場のあらゆる動きに対応して投資できる。

取引例*

幣社のCFD取引は原商品の価格に連動して行われますが、トレーダーは、カスタマイズしたレバレッジを使って取引の利益を最大化することができます。

例えば、投資資金がわずか250ユーロでも、潜在的な購買力は最大その100倍、すなわち25,000ユーロまで高めることができます(当該地の規制で許可される場合)。

スペイン35が現在8000ポイントで取引されているとすると、スペイン35は1件の取引が8000ユーロ(この例ではスプレッドは計算に含まれません)で売買されることになります。現物の受け渡しを行う取引の場合、250ユーロの資金では1件の原商品さえも買えないわけですが、レバレッジを活用することで、以下の例のように、この取引を3件も取引できる購買力(24000ユーロの価値)が得られるのです。

スペイン35の価格が今後上昇すると考えた場合には、「買い」、つまり「ロング」ポジションを取ります。

その後 価格が8120ポイントに上昇した場合(1.50%上昇)、取引の利益は次のように計算されます:
 

注文価格 8000ユーロ
決済価格 8120ユーロ
差額 120ユーロ
取引による利益(€120 x 3件の取引) 360ユーロ
初期投資 250ユーロ
取引後の口座資金 610ユーロ
利回り 144%

* これは、実際のデータに基づいているわけではなく、理論上の例にすぎません。また、こちらの数値はスプレッドを考慮していません。

スペイン35の価格が取引開始時の価格を下回った場合でも、損失は初期投資の250ユーロに制限されます。

CFD取引が一定のリスクを伴うことにご留意ください。ただし、当社の損失限定プログラムにより、お客様が投資額を超えて損失を被ることはありません。

スペイン35 35取引または他のCFD取引の詳細については、cs-jp@iforex.com にお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

コーン/米ドル

 

近年の世界規模での需要の高まりとオンライン取引の拡大を背景に、農産物コモディティの先物CFDはその取引量においてめざましい成長を遂げてきました。

概要

 

トウモロコシは背の高い穀物植物で、初めて栽培されたのは先史時代のメソアメリカにおいてでした。世界でも最も用途が広く複雑な穀物の一つに数えられ、その生産と流通は歴史を変える程の影響力を持ってきました。

その用途は多岐にわたるものの、主に牛や鶏といった家畜類の飼料に使われます。全生産量のうち、ほんの一部がトウモロコシシロップ、新開発のプラスティック、アルコールなどに使われます。また、クリーンで安価な燃料源であるエタノールの生産にも使用されます。

トウモロコシは地球上でもっとも重要な作物のひとつと言うこともできます。2011年には、年間3億1千300万トン以上を生産した米国が世界第一の生産国でした。次いで1億9千2百万トン以上を生産した中国が二位につけ、ブラジルは5千5百万トンを生産して世界第3のトウモロコシ生産国となりました。
生産量でトウモロコシに肩を並べる他の穀物は米と小麦です。
出典:Food and Agriculture Organization of the United Nations, Statistics Division (2011)

グローバル経済によりその可用性が拡大したため、トウモロコシは需要と供給のどちらにおいても非常に価格感応度の高い作物です。その価格変動の要因としては、バイオ燃料の需要、遺伝子組み換え作物の利用の拡大、USDA(米国農務省)の年次報告書および北米での自由貿易に関わる条件などが通常挙げられます。将来予想される不足に対する世界市場の反応、あるいは需要予測の誤りなどが、2005年から2008年にかけて起こったような価格の倍増が再び起こるか否かを決定する主要な要素となるでしょう。
出典:Center for Agricultural and Rural Development, Iowa State University (2011)

トウモロコシ取引の利点

  • CFD形式で主要なコモディティの取引を行うことで、ポートフォリオに農産物コモディティを含めることができる(当該地の規制で許可される場合)
  • 最大66倍のレバレッジにより、購買力を増大させることができる(当該地の規制で許可される場合)
  • 市場の方向性に関係なく利益を得るために、売りや両建てのような取引戦略を利用できる

取引例

 

CFDの取引値は対象銘柄の市場価格に準じて変動しますが、レバレッジをカスタマイズすることにより利益を最大にすることができます。

たとえば、投資資金が500ドルに限られる場合でも、お客様の購買力を最大でその66倍、すなわち33,000ドルにまで引き上げることが可能です(お住まいの地域で規制されていない場合)。同じく、トウモロコシが650ドル(1ブッシェル当たり650セント)の価格で取引されているとすると、当初の500ドルでは先物取引の商品を1単位も購入できないのに対し、レバレッジにより最大50単位(33,000÷650)までの取引が可能になります。(先物取引の最小単位は5,000ブッシェルで、商品が1ブッシェル当たり650セントで取引されている場合32,500ドルに相当する)

トウモロコシの価格がこの先上昇すると考える場合、「買い」すなわちロングのポジションを取ります。

そしてトウモロコシの価格が660ドルに上昇した場合(+1.54%)、この取引の利益は次のようになります。

注文値 $650
決済値 $660
差額 $10
取引利益 ($10 x 50単位) $500
初期投資 $500
取引後の口座残高 $1000
収益 100%

* 上記は実際のデータではなく仮想例です。スプレッドは計算に含まれていません。

トウモロコシの価格が予想に反して取引注文時よりも下がってしまった場合、あなたの損失は当初の投資分500ドル以下に限定されます。

CFD取引には、一定レベルのリスクが伴うことを留意する必要があります。しかしiFOREXの損失限定サービスにより、お客様の損失が初期投資額を上回ることはありません。

トウモロコシあるいはその他のCFD取引に関するご質問がございましたら、cs-jp@iforex.comまでお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの商品の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

大豆/米ドル

 

近年の世界規模での需要の高まりと電子取引の拡大を背景に、農産物コモディティのCFDはその取引量においてめざましい成長を遂げてきています。

概要

 

大豆は東アジア原産で、ヨーロッパへは18世紀に持ち込まれました。その可食部である豆を植物油や家畜飼料に加工するため、今日世界の広い地域で栽培されています。豆腐や豆乳、またはその他の大豆製品にも加工されますが、実際にこうした食品に使用されるのは、全生産量のうちのほんの一部に過ぎません。

大豆は、多くの食品関連機関により理想的な完全タンパク質の源であると認められています。完全タンパク質とは、人間の体内で合成することができないために食品から摂取する必要のある必須アミノ酸の全てを多く含んだタンパク質のことです。このため、ベジタリアンやヴィーガン、肉の摂取量を減らしたい人にとって大豆はよい蛋白源です。

2011年に生産された大豆の総量は約2億5千万トンにおよび、世界でも最も重要な豆類の一つと考えられています。世界総生産量の33%に相当する約8千3百万トンを生産する米国が第一の生産国です。同年に、29%に相当する7千2百万トン生産したブラジル、19%相当の5千万トンを生産したアルゼンチンがそれぞれ第二、第三の生産国です。
生産量でトウモロコシに肩を並べる他の穀物は米と小麦です。
出典:The American Soybean Association (2012)

大豆の価格上昇は、他の穀類に悪影響を及ぼすことがあります。作物栽培に適した土地には限りがあり、例えば小麦のような他の穀物類を押しのけ、代替作物としての大豆ばかりが栽培されるようになると、需要と供給のバランスが崩れ、世界規模での穀類供給システムに多大な影響を及ぼします。これは世界の供給チェーンが互いに依存し合っているためであり、限られた資源をめぐる競争により全ての穀類が悪い意味で相互依存することになります。こうした要因の全てが大豆価格の極端な変動やボラティリティにつながり得ます。

大豆取引の利点

  • CFD形式で主要なコモディティの取引を行うことで、ポートフォリオに農産物コモディティを含めることができる(当該地の規制で許可される場合)
  • 最大66倍のレバレッジをかけて、購買力を増大させることができる(当該地の規制で許可される場合)
  • 市場の方向性に関係なく利益を得るために、ショートや両建てのような取引戦略を利用できる

取引例

 

CFDの取引値は対象銘柄の市場価格に準じて変動しますが、レバレッジをカスタマイズすることにより利益を最大にすることができます。

たとえば、投資資金が500ドルに限られる場合でも、お客様の購買力を最大でその66倍、すなわち33,000ドルにまで引き上げることが可能です(お住まいの地域で規制されていない場合)。

大豆が1,500ドル(1ブッシェル当たり1,500セント)の価格で取引されているとすると、当初の500ドルでは先物取引の商品を1単位も買うことができませんが、レバレッジにより最大22単位(33,000÷1,500)までの取引が可能になるのです。(先物取引の最小単位は5,000ブッシェルであり、商品が1ブッシェル当たり1,500セントで取引されている場合75,000ドルに相当する)

大豆の価格がこの先上昇すると考える場合、大豆を買う、すなわちロングのポジションを取ります。

そして大豆の価格が1,520ドルに上昇した場合(+1.33%)、この取引の利益は次のようになります。

注文値 $1500
決済値 $1520
差額 $20
取引利益($20 x 22枚) $440
初期投資 $500
取引後の口座残高 $940
収益 88%

* 上記は実際のデータではなく仮想例です。スプレッドは計算に含まれていません。

大豆の価格が予想に反して取引注文時よりも下がってしまった場合、あなたの損失は当初の投資分500ドル以下に限定されます。

CFD取引には、一定レベルのリスクが伴うことを留意する必要があります。しかしiFOREXの損失限定サービスにより、お客様の損失が初期投資額を上回ることはありません。 大豆あるいはその他のCFD取引に関するご質問がございましたら、cs-jp@iforex.comからお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの商品の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。

日経225/円

 

大きな変動、流動性、市場のイベントなどから、日経225は、あらゆるタイプのトレーダーに魅力ある機会を提供する主要市場インデックスです。

背景

 

日経225は、東京証券取引所一部上場企業の株式上位225銘柄から構成されている株式指標です。米国30工業株平均と同様、日経225は株価の加重平均によるインデックスです。つまりこのインデックスでは、株価が最も高い企業の株式が最も大きな割合を占めます。このインデックスの銘柄は年間ベースで入れ替えを行います。医薬品メーカー、金融機関などの日本企業の株式が組み入れられます。

CFDを使った日本225(円)取引のメリット

  • CFDという形で市場の主要インデックスを取引することにより、ポートフォリオに株式市場を組み込むことができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • 最大200倍までカスタマイズしたレバレッジを利用して、購買力を最大限まで広げることができます(ただし、現地法令の規定に従うものとします)。
  • インデックスおよび商品の取引は手数料無料。ポートフォリオのコストを削減できます。
  • ショートポジションやヘッジといった高度な取引手法を駆使して、市場のあらゆる方向に投資できます。

取引例

 

弊社のCFDは原資産の価格に従いますが、トレーダーはカスタマイズしたレバレッジを使って取引を最大化できます。

このため、たとえば500ドル投資した場合、潜在的な購買力を最大200倍(すなわち100,000ドル)にまで高めることが可能です。

日本225(円)が13240ポイントで取引されていた場合、日経225の1件当たり取引価格は13240円となります(この例ではスプレッドを計算に含めていません)。1ドル100円とした場合、レバレッジを使うことで購買力が高まり、755件を購入することが可能となります。

日経225が上昇すると考える場合、「買い」すなわちロングのポジションを取ります。

価格が13500ポイントに上昇した場合(+1.96%)、この取引の利益は以下のように計算されます。

注文価格 ¥13240
決済価格 ¥13500
差額 ¥260
取引による利益(¥260 x 755 件) ¥196,300

*この例は実際のデータに基づくものではなく、仮説です。計算にはスプレッドが含まれていません。

[labe:nikkei-225]の価格が取引開始価格よりも下落した場合は、損失は当初の投資金額の500ドル以下に制限されます。

CFD取引がリスクを伴うことを理解しておくことは重要です。ただし、弊社

の損失限定プログラムにより、投資額を超えて損失を被ることはありません。

日本225(円)の取引またはその他のCFD取引に関する詳しい情報については、cs-jp@iforex.comまでお気軽にお問い合わせください。

有効期限と取引時間

 

こちらの商品は、年間を通して異なる有効期限があります。
弊社の有効期限は、基本となる取引所の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

有効期限では、すべてのポジションは最後の可能な価格(iFOREX取引決済時間 (GMT))で決済されます。関連する指値注文は取り消されます。
契約失効(有効期限)の詳細は、各銘柄有効期限のページをご覧ください。

 

こちらの指数の取引時間は、24時間ではありません。取引時間にご注意ください。
各銘柄取引時間

商品およびインデックスCFDは特定の法域で、規制上の制約の範囲内でのみご利用いただくことができます。