FXとは?

 小額の資金で、24時間リアルタイムに
世界の通貨が取引できる

iFOREXのレバレッジトレードの中核となるのは、FX(外国為替証拠金取引)です。外国為替取引とは、いわゆる外貨両替で、円とドル、ユーロとドルといった異なる通貨を売買して交換することです。また証拠金取引とは、一定の証拠金を取引の担保として預け入れることで、証拠金の数倍、数十倍、時には数百倍の取引ができるものです。
要するにFXとは、一定の証拠金を担保として差し入れることにより、その証拠金の数倍、数十倍、時には数百倍の金額で外国為替取引を行う資産運用手段の一つです。
FXには、①少額の資金で大きなリターンを狙える、②24時間リアルタイムで取引できる、③金利収益にあたるスワップ金利を得ることができる――といった特徴があります。近年、一般個人を含む国内外の投資家から高い注目を集めている取引であり、その裾野は今後ますます広がっていくことが予想されています。

FXの最大の特徴といえるのが、レバレッジ効果を生かすことで、少額の資金でも大きなリターンが狙えるという点です。レバレッジとは「てこ」という意味ですが、この「てこ」の効果を使うイメージで、FXでは、差し入れた証拠金の数倍~数百倍の取引ができる仕組みになっており、少ない元手でも大きな利益を狙うことが可能です。
例えば、証拠金の10倍の取引を行う場合(レバレッジ10倍といいます)、証拠金が10万円であれば100万円相当の取引を行うことができ、レバレッジ20倍なら200万円相当の取引、レバレッジ50倍なら500万円相当の取引を行うことができるわけです。

外国為替市場は、ニューヨークをはじめ、東京、香港、ロンドン、シドニーなど世界中の主要都市で稼動しています。つまり1日24時間、世界中のどこかでは外国為替市場が開いていることになり、世界的規模で見れば、まさに「眠らない市場」といえます。FXも、この世界の外国為替市場を追ってほぼ24時間稼動していますから、仕事などで日中は忙しい人であっても、自分のライフスタイルに合わせて、好きなときに好きな時間だけ取引をすることが可能です。外貨預金であれば銀行店舗の営業時間内(大半が9時~15時)、株式であれば市場が開いている時間内(9時~11時、12時半~15時)しか通常は取引できませんから、この点は本当に大きなメリットといえるでしょう。
また、FXで取引できる為替レートは、外貨預金のような1日1回の固定レートではなく、世界の外国為替市場で時々刻々と変動する為替レートとほぼ連動しています。つまりFXでは、プロの為替ディーラーのように24時間リアルタイムに外国為替取引を行うことができ、為替相場が大きく動く経済指標の発表の際などにも、収益獲得の機会を失うことはありません。

金利収入にあたるスワップポイントが得られるというのも、FXの大きな特徴です。ご存知のとおり、日本国内の金利は非常に低い水準で推移していますが、広く世界に目を向ければもっと高金利の国がたくさんあります。FXでは、円のように低金利の通貨を売り、円に比べて高金利のドルやユーロなどを買う場合、その金利差相当額をスワップポイントとして受け取ることができます。例えば米ドルの金利が4%で日本の金利が1%の場合に、円を売ってドルを買う(買いポジションを持つといいます)と、この買いポジションを保有している間は4%-1%の3%分をスワップポイントとして受け取ることができるのです。
このスワップポイントについても、レバレッジ効果を生かした金額を元本として計算するため、レバレッジの効いていない外貨預金などと比べれば、はるかに高い金利収入を得ることが可能です。