サブプライムローン問題の深刻化、それに続く「リーマン・ショック」以後、世界の金融市場、為替相場が大混乱をきたし、外国為替相場におきましても値動きが非常に激しくなっております。特に、週末にポジションを持ち越した場合、土日の間に大きな経済イベントが発生してしまうと、たとえば金曜日クローズの時点で1ドル=103円だったレートが、月曜日スタートの時点で1ドル=100円割れとなるといった、通常ではほとんど見られないような事態も現在は想定されます。

この結果、FX会社によっては預け入れ証拠金以上の損失が発生してしまい、その分の入金を投資家に求めてくるようなケースもあるようです。しかし、当社におきましては、どのように為替相場が変動した場合でも、お客様の預け入れ証拠金以上の損失は発生しないよう、従来より「損失限定」「追証ゼロ」サービスを導入しております。

当社の場合、お客様のポジションの損失が証拠金を上回った時点で、すみやかに決済措置を取りますので、たとえ週末をまたいで大きく為替レートが動いた場合であっても、お客様の預け入れ証拠金以上の損失は絶対に発生いたしません。どうぞ安心してお取引ください。

※ロスカットが発生した場合、取引画面上では一時的に表示がマイナスになることがありますが、しばらくすると証拠金残高が「0円」にリセットされます.