JPモルガンCEOの発言からビットコインが急落

筆者 鳥羽賢 |

 インベストメント・バンク大手のJPモルガン・チェースのダイモンCEOが、12日になってビットコインについて「あれは詐欺である」との趣旨の発言を行ない、それを受けてビットコインが一時急落した。

 ダイモンCEOはニューヨークで開かれた投資家の会議で上記の発言を行なった。また自社のトレーダーが仮想通貨を取引することについて、「それは第1に就業規則違反で、第2に愚かだという2つの理由から即解雇する」と強い言葉で批判した。

 ダイモンCEOの言葉を受けて、12日夜(日本時間13日朝)にビットコインが急落。BTC/USDは発言前は1BTC=4,250ドル付近にあったが、発言後に4,100ドルを割った。また日本時間13日日中にはさらにビットコインが売られ、約1ヶ月ぶりに4,000ドルを割って3,900ドル台で取引されている。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。