米CFTCが仮想通貨取引所にデータを要求

著者 鳥羽賢
2018年06月11日

 ビットコイン先物の価格を人為的にゆがめた可能性があるとして、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)が、主要な仮想通貨取引所に取引データを要求したと報じられた。

 ビットコイン先物は昨年末に、先物取引所であるCME(シカゴマーカンタイル取引所)やCBOE(シカゴオプション取引所)が開始。これらの先物は、主要な仮想通貨取引所におけるビットコイン取引の価格に基づいて価格が決められている。

 しかしCFTCは、仮想通貨取引所がビットコイン価格を操作しておりビットコイン先物の価格はそれによってゆがめられている可能性があると判断。今回のデータ要求に踏み切った。

 今回CFTCが要求した取引所は明らかになっていないが、アメリカの主要な仮想通貨取引所には最近日本に進出を決定したCoinbaseなどがある。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。
すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。