楽天がロシアで仮想通貨を発行へ

著者 鳥羽賢
2018年07月5日

 オンラインモール大手の楽天が、ロシアで来年にも独自の仮想通貨を発行する計画だとロシアのメディアに報じられた。

 この計画は楽天の子会社であるViberを通して行なわれる。ViberはLINEなどのようなスマホのメッセージアプリを運営する企業。2010年に設立されたが、2014年に楽天が9億ドルで買収して子会社とした。

 楽天の新仮想通貨は「楽天コイン(仮)」などと呼ばれ、2019年の発行を目指す。ロシアで発行するのは、Viberのロシアにおけるユーザー数が1億人を超え世界最大規模となっていることがあると見られる。

 仮想通貨は2017年後半に世界的ブームになり、ビットコインの価格は一時230万円を超えた。現在はブームは去り価格の高騰は見られないが、企業にとっての仮想通貨のニーズはなくなっていないようだ。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。
すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。