日本におけるビットコインの利用可能店舗が急増

筆者 鳥羽賢 |

 ビットコインの取引所である「coincheck」を運営する企業・レジュプレスのまとめによると、昨年1年間で日本国内でビットコインを使える店舗の数が4倍以上に急増したとのことだ。

 ビットコインはインターネット上で生成される仮想通貨であり、世界各国でかなり普及してきている。そしてレジュプレスのまとめによると、昨年12月26日時点でビットコインが使える国内の店舗は4200件程度で、1年前の4.6倍に急増した。

 日本ではビットコインは2014年までマウントゴックスという企業が運営する取引所で主に取引されていた。しかし2014年春に同社が突然取引を停止。そのしばらく後に破産を申請した。この時顧客が取引していたビットコインの一部が消失しており、ビットコインはこの事件以来しばらく日本における信頼を失った。

 しかし同年中にレジュプレスが新たな取引所を開設し、現在に至っている。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。