仮想通貨取引所に現金や国債などの保有義務化を検討へ

筆者 鳥羽賢 |

 仮想通貨業界の団体である日本仮想通貨交換業協会が、会員企業に対してハッキングの被害に備えて現金や国債などの保有義務化を検討しているという情報が流れた。

 これは仮想通貨取引所でハッキングによる不正流出が相次いでいることから検討された案と見られる。今年1月にはCoincheckから仮想通貨600億円分近くが不正に流出し、この時はCoincheckが自己資本から顧客に損失を補てんすることができた。

 一方9月には同じく大手取引所のZaifから約70億円分の仮想通貨が流出。Zaifの運営会社であるテックビューロは顧客に補てんできる資産を持たず、金融サービス大手のフィスコに支援を依頼。最終的にはフィスコによって買収され、テックビューロは解散することになった。

 このような事態を避けるために、日本仮想通貨交換業協会は会員企業に対してハッキング発生時に補てんできる十分な資産を、現金や国債で持つことを義務化することを検討している模様。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。