仮想通貨にかけられる規制、規制、規制…

筆者 鳥羽賢 |

世界各国で仮想通貨に対する規制が強まっている。

 昨年後半に世界的なブームになった仮想通貨だが、爆発的に普及した反面今年1月のCoincheckにおけるネム流出事件のような問題も多く発生してきている。そのため今年になって各国とも仮想通貨に対し規制をかける方向に進んでいるが、具体的にどのような規制がかけられているのだろうか?

 

取引所や取引を規制へ

 

bitcoin 昨年大ブームになった仮想通貨だが、マネーロンダリングなどの犯罪に使われるケースや、Coincheckのネム大量流出事件のように個人投資家が犯罪の被害に遭うケースが後を絶たないために、今年になってから世界各国が規制に走っている。

 しかし「規制」と一言で言ってもその形態は国によってさまざま。そこで現在世界各国で仮想通貨にかけられている規制がどのようなものか、具体的に見てみよう。

 まず日本で進んでいる規制として、取引所に対する規制がある。日本は昨年4月に、仮想通貨取引所を登録制にすることとし、金融庁に登録した業者のみ仮想通貨取引業を行なうことが許されるようになった。そして1月のCoincheck事件以降、登録がかなり厳しくなり厳格なセキュリティ措置を取っていないと登録ができなくなった。

 またお隣の韓国では、以前は匿名でも開けていた仮想通貨の口座が今年になって実名を確認しないと開けなくなった。

 取引所の開設ではなく、個人・法人による仮想通貨の取引を規制している国も多く出てきている。日本は今のところ取引自体に対する規制はない。しかし例えばタイでは、仮想通貨は自国通貨のバーツとの交換のみが許されている。

 そしてロシアは16日になって、日本円にして約100万円以上の仮想通貨取引は規制する法案を公表した。このように一定額以上の取引を規制している国もある。

 仮想通貨取引に関して、「規制」ではなく「禁止」という厳しい姿勢で臨んでいる国もある。中国が今年になって一部の小規模取引を除いた仮想通貨取引を禁止したというのは、すでに多くのメディアで流れた。

 また中国以外でも、アイスランド、ネパール、インドネシアなど仮想通貨取引を全面禁止している国もある。

 さらに企業が独自の仮想通貨を発行して資金を調達するICOについても、各国は規制を強めている。ICOは昨年仮想通貨そのものとともにブームになったが、その中には詐欺まがいのものも多く、投資家が被害を受けるケースも増えた。

 そのために各国ともICOへの規制の必要性を認識してきている。日本では現在金融庁でICOに関する研究会が行なわれており、ある程度意見がまとまったらそれが具体的な規制となって法制化される展開が考えられる。

 このように世界各国で規制が強まっている仮想通貨だが、仮想通貨自体が消えるということは考えられない。このような規制の中で生き残る仮想通貨があれば、それは今後何十年も利用されるものとなるだろう。



この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。

筆者について
鳥羽賢

慶應義塾大学経済学部卒業。輸入業務に従事後、ライターとして2003年より主に経済分野を中心に執筆活動を行う。企業トップへインタビューした上での、ビジネス記事執筆経験多数。ポータルサイト『オールアバウト』では、「世界のニュース・トレンド」テーマなどで、数年間政治・経済ニュース記事を執筆。FXの専門誌『月刊FX攻略.com』でも各通貨ペアの特徴解説など、FX攻略記事を執筆した経験がある。主な著書に、『とにかくわかる! FX超入門者』(すばる舎)などがある。翻訳活動も行い、FX投資教材の翻訳を中心に、金融分野の翻訳実績も多数。自身でも投資を行い、FXのトレードも2006年以来7年以上にわたって継続している。