中国経済とコロナウイルス余波

中国経済とコロナウイルス余波

2020年04月19日

コロナウイルスのパンデミックに関する多くの疑問は未解決のままですが、世界経済とその成長に莫大な影響を与えていることは明らかです。では影響の規模はどの程度なのでしょうか?多くの国が依然として被害を抑えるのに苦労している現時点で、世界の支払う経済的対価を正確に評価する方法はありません。ただ、そのような評価が可能かもしれない国が1つあります。

最初にCOVID-19が発生したとみられる中国は、生産モードに戻りつつあります。中国のこの先の道のりはまだ遠いですが、工場や商売は再開し、すでに景気回復への長い道のりの最初のステップを踏み出しています。今回の危機の中国経済への短期的および長期的影響は何でしょう?詳しく見てみましょう。

中国経済の低迷

コロナウイルスの中国での蔓延により、多くの産業が影響を受けました。航空業界と観光業界が最初に打撃を受け、レストラン、娯楽センター、レジャー企業への影響もすぐに出ました。恐怖が強まり、自宅隔離が宣言されたため、企業や工場は閉鎖されました。道路の交通量は存在しないレベルまで落ち、金融活動は死にました。
 
即座に現れた経済への影響は、深刻なものでした。ブルームバーグによれば、中国企業は最悪の四半期を記録しています。基本的に、国内のすべてのセクターが2020年の最初の3か月に悪い結果を報告しました。
 



GDP

これは中国のGDPに何を意味するのでしょう?2020年の第1四半期が非常に悪いことはすでに明らかですが、今年の残りがどうなるかは、時間の経過を待つことになります。さまざまなエコノミストが中国の成長見通しを何度か下方修正しています。多くの人々は、2020年に中国の経済は1976年以来最も遅い拡大になると予測しています。一方、中国の政策立案者は、中国の経済は軌道に戻り始めていると繰り返し述べています。彼らは2020年の第2四半期にさらなる改善を見込んでいます。
 



景気回復への遠い道のり

中国の工場や企業は現在再開しはじめていますが、ポイントは消費者が納得するかどうかです。現在までに、中国の一部のビジネスエリアは完全な活動モードに戻っていますが、買い物客はすぐには戻らず、多くの人々は長い隔離の後に使う余裕のある現金を持っていないかもしれません。
 
また、中国の景気回復のペースは、中国国内で何が起こっているかだけに依存するのではないことを覚えておきましょう。COVID-19は全世界を完全な混乱に陥らせました。パンデミックは、中国からヨーロッパ、アメリカ、その他の世界へと急速に広がり、グローバリゼーション、国境を越えた自由な移動、そして事実上すべての経済活動に影響を与えています。多くの国が完全な隔離に入り、空港がほぼ閉鎖されているため、世界的な需要に対する経済的影響は相当なものになる可能性がありますが、世界的な需要は中国経済を動かす原動力の1つです。
 



トレーダーに何ができる?

政策立案者が予測するように、中国が危機から急速に立ち直ると、現地の指数と株価が上昇するなど、急速な回復が見られるかもしれませんが、その程度や速さは不明です。
iFOREX取引プラットフォームを使用すると、FTSE China A50指数と連動する中国A50を含む、数百のCFDに投資できます。そして覚えておいてください。あなたは上昇でも下落でもどちらの方向にも取引することができるので、どのような方向の価格変動でも潜在的に利用することができます。

この書類に含まれる素材は、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。

すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。