中国の第2四半期GDPは前年同期比6.9%増

筆者 鳥羽賢 |

 中国が17日の午前11時に第2四半期(4~6月期)のGDPを発表。予想は前年同期比+6.8%の成長だったが、発表はそれを上回る+6.9%だった。

 なお同時に中国の他の経済指標もいくつか発表された。その1つ・6月鉱工業生産は予想の前年同月比+6.5%を上回る+7.6%で好調だった。また6月小売売上高は、予想が前年同月比+10.6%、結果が+11.0%とこちらも予想以上だった。

 17日は日本が海の日で祝日のため、株式・先物市場が休場。しかし海外では通常通り取引が行なわれ、中国・上海の株式市場も売買が行なわれている。上海総合指数は開始直後にやや下落したものの、その後反騰。午前11時発表のGDP他の経済指標には、あまり影響は受けなかった。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。