テスラ - 2019年の挑戦

テスラ - 2019年の挑戦

2018年12月7日

2017年、テスラは最初の手頃な価格の電気自動車(モデル3)を導入して自動車産業を揺るがしました。人々は情熱的に反応し、何十万人もの人々が現在、この人気の乗り物を購入するための順番を待っています。しかしイーロン・マスクはまだこれを祝えずにいます。テスラは2019年にいくつかの大きな課題に直面しており、今はこの先駆的な企業の運命を左右する局面だと言われています。

テスラが克服しなければならない主な課題は何でしょう?

  1. 生産期限 - これは最大のハードルです。非常に野心的な生産目標を設定することで、イーロン・マスクは話題と投資家の興奮を引き起こすことに成功しましたが、もしテスラが毎週数千台のモデル3生産の目標を達成しなければ、面倒なことになるでしょう。
  2. 支出の管理 - テスラは2018年、約10億ドルの現金支出で燃えています。実際にはこの現金は、バッテリーのギガファクトリーのような潜在的に有益なプロジェクトに投資されていますが、これだけのレベルの支出は、この企業を厳しい状況に追い込みます。
  3. 人材の安定 - 昨年、財務チームのメンバーを含む複数の幹部が同社を離れました。イーロン・マスクの役割にも疑問があります。これは克服すべき課題に直面しているときに投資家が聞きたがるニュースではありません。
  4. 競争への対処 - 自動車業界の主要ブランドの多くが、ついに電気自動車への大規模投資に乗り出してきました。テスラの高級車はすでにシボレー・ボルトなどの車両との競合に直面しており、今後より手ごろな価格の車が登場すれば、その影響は相当大きなものになる可能性があります。
  5. 投資家の満足度を保つ - 2017年の45%急騰後、2018年のテスラ株はすべてのうわさや発表に伴う株価の上昇や下落でまるでジェットコースターのようでした。同社は現在投資家の信頼を得ているかもしれませんが、持続的な信頼のためにはさらなる成果を生み出す必要があるでしょう。

 
テスラ株価

テスラ - 2019年の挑戦
 
もちろん、テスラ株をCFD(差金決済取引)形式で取引する人にとっては、すべての価格変動(上昇・下落の両方)が取引チャンスです。株式CFD取引の際には、実際に特定の株式を購入するのではなく、その価格に対して投資します。CFD銘柄はそれが表す金融銘柄の市場価値に連動しています。さらに、レバレッジはCFD取引でのみ適用することができます。レバレッジは潜在的な投資パワーを増大させるため、比較的少額の投資で大きな取引を注文することができます。

この書類に含まれる素材は、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。

すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。