これから本格化する米企業の7~9月期決算発表

筆者 鳥羽賢 |

これから米企業の7~9月期決算発表ラッシュになる。

 アメリカではこれから大手企業の7~9月期決算発表が本格化する。ここ最近はアメリカの景気が非常に良いため、今回の発表も全体的に見ると好決算が続出すると思われる。

 

金融は前半の発表が多い

 

 アメリカではこれから大手企業の7~9月期決算発表ラッシュとなる。それでは主な企業の決算発表スケジュールを見てみよう。

 決算発表ラッシュの序盤は金融機関の発表が多い。10月12日木曜には、金融のJPモルガン・チェース(銘柄コード:JPM)が発表。252億ドル(約2兆8000億円)の経常収益と1.65ドルのEPS(1株あたり利益)が予想されている。

 同じ日に同じく金融大手のシティ・グループ(銘柄コード:C)も発表し、179億ドル(約2兆3000億円)の経常収益と1.32ドルのEPSという予想になっている。

 翌13日金曜にはこちらも金融のバンク・オブ・アメリカ(銘柄コード:BAC)が発表。経常収益が219億ドル(約2兆4500億円)、EPSが0.45ドルと予想されている。

 そして来週から決算を発表する企業の数が大きく増え、本格的な決算発表シーズンに入る。16日は飛ばして17日火曜には、コンピュータ大手のIBM(銘柄コード:IBM)が発表。売上高は186億ドル(約2兆1000億円)、EPSは3.28ドルと予想されている。

 その次の週は決算発表企業がさらに増える。24日火曜には外食のマクドナルド(銘柄コード:MCD)が決算を発表。57億ドル(約6400億円)の売上と、1.76ドルのEPSが予想されている。

 25日水曜には、飲料のコカ・コーラ(銘柄コード:KO)が発表。売上高は87億ドル(約1兆1300億円)、EPSは0.49ドルと予想されている。

 26日木曜にはネット通販のアマゾン(銘柄コード:AMZN)が決算を発表。売上高は419億ドル(約4兆7300億円)と高い予想が出ているものの、EPSは0.01ドルと低調な数字が予想されている。

 同じ日にはアルファベット(Google)(銘柄コード:GOOG)も発表。272億ドル(約3兆ドル)の売上と8.33ドルのEPSが予想されている。

 そしてソフトウェアのマイクロソフト(銘柄コード:MSFT)もこの日に発表し、235億ドル(約2兆6000億円)の売上と0.72ドルのEPSが予想されている。

 米大手企業の決算発表は次の週になっても続き、31日火曜には製薬のファイザー(銘柄コード:PFE)が発表。売上高は132億ドル(約1兆5000億円)、EPSは0.64ドルと予想されている。

 月が変わって翌11月1日水曜には、SNSのフェイスブック(銘柄コード:FB)が発表。98億ドル(約1兆1000億円)の売上と1.28ドルのEPSが予想されている。

 そして2日木曜には、IT大手のApple(銘柄コード:AAPL) [i] が発表。509億ドル(約5兆7500億円)の売上と、1.87ドルのEPSが予想されている。

 アメリカには数千社の上場企業があり、その多くがこれから1ヶ月の間に7~9月期の決算を発表する。ここに記載したのはそのうちほんの一部なので、自分が保有している株式の決算発表日は調べておくといいだろう。



この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。

筆者について
鳥羽賢

慶應義塾大学経済学部卒業。輸入業務に従事後、ライターとして2003年より主に経済分野を中心に執筆活動を行う。企業トップへインタビューした上での、ビジネス記事執筆経験多数。ポータルサイト『オールアバウト』では、「世界のニュース・トレンド」テーマなどで、数年間政治・経済ニュース記事を執筆。FXの専門誌『月刊FX攻略.com』でも各通貨ペアの特徴解説など、FX攻略記事を執筆した経験がある。主な著書に、『とにかくわかる! FX超入門者』(すばる舎)などがある。翻訳活動も行い、FX投資教材の翻訳を中心に、金融分野の翻訳実績も多数。自身でも投資を行い、FXのトレードも2006年以来7年以上にわたって継続している。