トランプ大統領が新入国禁止令に署名へ

筆者 鳥羽賢 |

トランプ大統領が6日にも新しい入国禁止令に署名する。

 

新入国禁止令でまた混乱拡大の恐れ

アメリカのトランプ大統領が、6日にも修正された新しい入国禁止令に署名する。修正令では、前回7ヶ国だった入国禁止の該当国を、イラクを除いた6ヶ国に削減。また前回はシリア難民を無期限で受け入れ停止する政策だったが、新しい大統領令では国籍に関係なく一律120日受け入れ停止とする。そしてアメリカのグリーンカードやビザの保有者は除外する。この大統領令によって、また混乱が拡大する恐れがある。

 

 

日経225平均 - 円高を受けて続落

先週2日にはトランプ大統領の演説を受けて大幅高となった日経225平均だが、その後は下落が続いている。先週終了間際に為替がやや円高に傾いたため、6日の寄り付きは60円安の19,409円と朝から軟調な展開となった。その後も特に上昇は見られず、終値は90円安の19,379円だった。日経225平均は12月下旬に19,500円を回復したが、その後は20,000円まで上昇できない日々が2ヶ月半続いている。

日経225平均15分足チャート

 

WTI原油 - 上昇後IEAレポートで売り

50ドル台前半で3ヶ月ほどこう着状態が続いているNY原油。しかしイラクが今年後半に減産に加わる用意があると表明したことから、6日になって一時53ドル台半ばまで上昇。その後国際エネルギー機関(IEA)がレポートを公表し、今後6年間でOECD加盟国の石油需要が0.7%減少するという内容が掲載された。このレポートを材料として、原油は53ドル付近まで反落した。

oil15分足チャート

 

金 - 米利上げ観測で下落が続く

最近のFRB関係者の発言などから、アメリカの3月利上げ観測が大きく高まっている。利上げ観測を受けて金利を生まない資産である金の価値は相対的に下落し、先週以来NY金は下落が続いている。6日朝には1,235ドル付近にあったNY金 [i] だが、6日も売りが続き7日朝までには1,225ドルまで下落した。

gold15分足チャート

 

今日の展望

今日は午後0時半にオーストラリアの政策金利が発表されます。

 

 

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した 第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略 の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。

筆者について
鳥羽賢

慶應義塾大学経済学部卒業。輸入業務に従事後、ライターとして2003年より主に経済分野を中心に執筆活動を行う。企業トップへインタビューした上での、ビジネス記事執筆経験多数。ポータルサイト『オールアバウト』では、「世界のニュース・トレンド」テーマなどで、数年間政治・経済ニュース記事を執筆。FXの専門誌『月刊FX攻略.com』でも各通貨ペアの特徴解説など、FX攻略記事を執筆した経験がある。主な著書に、『とにかくわかる! FX超入門者』(すばる舎)などがある。翻訳活動も行い、FX投資教材の翻訳を中心に、金融分野の翻訳実績も多数。自身でも投資を行い、FXのトレードも2006年以来7年以上にわたって継続している。