りそな関連銀行が手数料を過大徴収

筆者 鳥羽賢 |

 りそなホールディングスの傘下にある各銀行のATMが、1月10日に利用者から手数料を過大徴収していたことがわかった。

 過大徴収が行われたのは、りそなホールディングス(銘柄コード:8308)傘下のりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行と、コンビニのサークルKサンクスにあるATM。これらの店舗にあるATMで、1月10日の午前中に本来は平日扱いで108円の手数料が、祝日分の216円徴収されていた。過大徴収の合計額は205万円ほどで、徴収された利用者へは返金手続きを進めている。

 また1月9日は本来祝日分の216円の手数料のはずが、平日分の108円しか徴収されていなかったケースが起こった。

 10日の終値が615.5円だったりそなホールディングス株は、11日は1.8%高の626.3円で取引を終了した。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。