【株式】NASDAQ総合指数が4日連続史上最高値を更新

筆者 鳥羽賢 |

 10日(日本時間10~11日)のNY株式市場は、ハイテク株が続伸したためにNASDAQ総合指数は4日連続で史上最高値を更新。しかしダウ工業平均は下落した。

 この日発表された米経済指標は多くないが、11月卸売在庫が発表。予想の前月比0.9%増に対し、発表は1.0%増とまずまずだった。

 全体的にこの日は材料難な1日。アメリカでは大手企業の10~12月期決算発表シーズンに入っているものの、10日はまだ決算を発表する企業が少なかった。決算発表企業が増えるのは20日以降となる。

 11日のトランプ新大統領の会見待ちもあって株式市場に動きがないものの、NASDAQ総合指数はわずかに続伸し4日連続で史上最高値を更新。しかしダウ工業平均は下落だった。

 ダウ工業平均は、前日比31.85ドル安の19,855.53ドルで終了した。またS&P500指数は、終値が前日比変動なしの2,268.90、NASDAQ総合指数は前日比20.00高の5,551.82だった。

 11日の国内株式市場は、日経225平均が前日比57円高の19,358円で寄り付いて始まっている。

この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。